シンガポールで海外入試を受験する場合、ニットか上着をお持ちください。

シンガポールで海外入試を受験する場合、ニットか上着をお持ちください。

駐在員の皆様、そしてこれから海外に駐在予定の日本の皆様。
   
海外駐在員専門コンサルタントの齊藤賢人です。

今回は、受験会場がシンガポールのときの服装について、お伝えします。

帰国子女のために、海外で入試を実施してくれる私立校が、いくつかあります。

中学校であれば、立命館宇治、茗渓学園、関西学院千里国際、そして洗足学園などが有名です。

そして最近話題の、海陽中等教育も実施しています。

高校であれば、同じく立命館宇治、茗渓学園、関西学院千里国際に加えて、同志社国際などがあります。

また、日本大学の附属校の、統一入学試験も、すっかり定番となりました。

これらの帰国子女の受け入れに積極的な学校が、海外で実施する入試のことを、海外入試と言います。

さて、この海外入試が実施される都市は、学校によって異なります。

しかし多くの学校が、海外入試で選ぶ都市があります。

・ロンドン

・ニューヨーク

・ロサンゼルス

・上海

・香港

・シンガポール

この6都市です。

そして上記の都市に加えて、シカゴや、バンコクでも実施されることがあります。

そうすると、東南アジアにお住まいの方が、海外入試を利用する場合、シンガポールで受験することになります。

このときに気をつけなければならないのは、実は服装なんです。

どういうことか?

私立校が、シンガポールで受験会場に選ぶのは、シンガポール日本人会か、どこかのホテルのファンクションルームです。

たとえば同志社国際は、ここ数年ずっと、シンガポールマリーナマンダリンホテルを受験会場としています。

実は、シンガポールのホテルのファンクションルームは、本当に寒いんです!

冷房が利きすぎています。

緊張と寒さで、お腹を壊してしまうことがあるので、ニット、あるいは上着を持参することをお勧めします。

特に女子は、気をつけてください。

受験会場には、スカートで来ると思います。

そうすると、足元が冷えますので、ハイソックスをはいておいたほうが、良いと思いますよ。

もし、駐在先でニットや上着が入手できないようであれば、シンガポールでお求めください。

ユニクロ、無印良品がありますよ。

話は変わって、ベトナムに駐在している方、あるいはこれから駐在予定の方にご連絡です。

さとぴょんさんのブログで、ハノイの情報を入手することができますよ。

2012年4月23日の記事は、ベトナムで入手できる安全な野菜について書いてくれています。

現地の情報は、駐在員の方に聞くのが一番ですよね。

さとぴょんさんのベトナム情報はこちらから!

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。      

では今日も笑顔の一日を!

もう一つのブログ、クレーム・苦情の対応方法についてお伝えします。

5月8日(火)に、メルマガで、『反抗期の子どもをもつ保護者からの、儲かるクレーム』について、発信します。

クレーム・苦情を解決する方法を、楽しく解決できるよう、お手伝いしますよ。

クレーム・苦情対応が上手になりたい方はこちらから!

そして無料メールマガジンも、ご紹介します。

第3回目の配信は、5月11日日(金)の夜です。

記事の内容は、

『志望理由を、帰国子女枠入試面接で、どうやって説明するか』です。

面接で頻度の高いテーマなので、受験生は必見ですよ。

海外駐在員のためのメルマガ購読はこちらから!

帰国子女枠入試受験に必要な、自己PRの添削サービス、面接練習サービスを承ります。
togethereverybodyachievesmore@hotmail.co.jp 
まで、お問い合わせください。
カテゴリー: 受験時の注意事項について
シンガポールで海外入試を受験する場合、ニットか上着をお持ちください。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック

帰国子女枠入試の講師陣