桐蔭学園高校の海外子女入試の志望理由書をインターネット出願する帰国生のみなさんにお伝えします。

● 桐蔭学園高校の海外子女入試の志望理由書をインターネット出願する帰国生のみなさんにお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

2017年度、日本大学高校の帰国子女枠入試が1月22日(日)に行われます。

日本大学高校の帰国枠入試は、今年度から開始となります。^^

・試験内容: 国数英(各60分 各100点満点)

日本大学高校の一般入試はマークシート方式となりますが、帰国枠入試は記述方式となります。

ですから対策が異なります。

合格点も、一般入試と帰国枠入試では違うんですよ。^^

さて今回は、桐蔭学園高校の帰国子女枠入試(海外子女入試)について、お伝えします。

2017年度、桐蔭学園高校の海外子女入試のインターネット出願が、10月8日(土)から始まりました。

桐蔭の帰国枠入試は、書類選考のみとなります。

書類だけで合否が決まりますので、バッチリな願書を書く必要がありますよね。

募集要項を確認してみましょう。

まず出願期間です。

・出願期間: 10月8日(土)から11月2日(水)

早い出願が、有利になることはありません。

1か月ありますから、時間をかけて、バッチリな自己アピールを考えましょう。

次に出願書類です。

1、受験票の学校控(縦4cm×横3cmの顔写真1枚貼付、写真はカラー・白黒のいずれも可)

2、調査書(3年1学期または前期の評定が記載された出身中学校所定のもの)

※現地校など調査書が発行できない学校の場合には直近の学習成績が記載された成績証明書とその日本語訳

3、志望理由書(本校ホームページより印刷した用紙(A4判2枚・白い紙)に志願者本人が記入)

4、資格等の写し(任意)

※英検、TOEFL®、TOEIC®、漢検、数学検定等の資格をお持ちの場合は、コピーを提出

以上の出願書類一式を2016年10月8日(土)から、11月7日(月)16:00(日本時間)の期間内に本校に届くように郵送

資格等の写しは任意となっていますが。

資格の写しはアピールとなりますので、提出されると良いですよ。

そして最も重要なのが志望理由書です。

志望理由書

3、本校志望の動機・理由
4、高校生活への抱負と将来の希望
5、生徒会・クラブ(部活動)・ボランティアの活動状況、または特技

これら3つで、アピールをします。

書き方のコツです。

5、生徒会・クラブ(部活動)・ボランティアの活動状況、または特技: 現在、過去のことを書く

4、高校生活への抱負と将来の希望: 未来のことを書く

3、本校志望の動機・理由: 5と4に関連させて書く


3、4、5の内容がつながっていると、整合性がありますので、説得力がありますよね。

各欄は170字ぐらい書けますので、ビッシリ書いてアピールをしてくださいね。

桐蔭学園を受験されるみなさん、願書がんばってくださいね、応援しています。^^

ではメルマガのお知らせです。

今回は、桐蔭学園高校の海外子女入試の志望理由書のお手本を、お伝えします。

10月16日(日)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック