白百合学園中学の、2016年度帰国子女枠入試内容についてお伝えします。

● 白百合学園中学の、2016年度帰国子女枠入試内容についてお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

昭和学院中学は、帰国生にとって有利な受験を行います。

12月1日(木): 帰国子女枠入試

・出願期間: 11月18日(金)から25日(金)
・試験内容: 国算または国英選択(各50分 各100点満点)、面接試験(親子)

芝浦工業大学中学: 11月27日
立教池袋中学: 12月3日
学習院中等科: 12月4日
聖学院中学: 12月8日

上記の学校は、12月上旬に帰国子女枠入試を行います。

ですから合わせて受験できますよね。^^

1月21日(土): マイプレゼンテーション入試

・出願期間: 12月12日(月)から1月18日(水)
・試験内容: 自己表現テスト(30分)、面接試験(10分 プレゼンテーションテスト、個人面接)

自己表現テストは作文、プレゼンテーションテストはパーソナルプレゼンテーションのことです。

つまり、立川国際中等教育の帰国枠入試と似ています。

立川国際の帰国枠入試は1月25日(水)ですから、合わせて受験しやすいですよね。^^

昭和学院中学を受験するみなさん、がんばってくださいね。^^

さて今回は、白百合学園中学の帰国子女枠入試について、お伝えします。

2017年度、白百合学園中学の帰国子女枠入試が、1月8日(日)に行われます。

募集要項を確認してみましょう。

・出願期間: 2016年9月1日(木)から12月1日(木)
・試験内容: 国算(各40分 各100点満点)、外国語(英語またはフランス語 40分 100点満点)、面接試験(親子 10分程度)

まず国語と算数についてです。

帰国枠入試は、2月2日の一般入試よりも1か月近く早く行われます。

ですから、国語と算数の試験内容が易しくなります。

2016年度帰国枠入試の算数は、大問1から5まで、合計18題出題されましたが。

そのうち10題が計算問題でした。^^

次に外国語についてです。

白百合は、桐朋女子同様に、フランス語でも受験できます。

フランスはもちろん、カナダのケベック州や、アフリカのフランス語系インターで勉強してきた生徒さんにとって、とても助かりますよね。

英語を選択した場合、長文読解に基づいた問題と、英語エッセイが2題出題されます。

・長文読解(大問1~10): 文法問題、空欄補充、長文内容正誤問題など
・英語エッセイその1: 長文内容に基づいて自身の考えを書く
・英語エッセイその2: テーマに基づいて、自身の考えを書く

長文は、英検2級長文を読める力があれば、十分対応できます。

しかしエッセイを書く時間を考えると、15分ぐらいで解き終えておきたいです。

最後に応募状況です。

・2016年度受験者数60名: 合格者数30名
・2015年度受験者数47名: 合格者数33名
・2014年度受験者数45名: 合格者数24名

・2016年度帰国枠入試合格者最低点: 164点/300点

一般入試の倍率は2倍以上なので、帰国枠入試の方が有利です。

何より、外国語で点数を稼ぐことができます。

白百合中学を受験するみなさん、勉強をがんばってくださいね。^^

ではメルマガのお知らせです。

今回は、白百合学園中学帰国子女枠入試の英語対策について、お伝えします。

2016年度帰国枠入試の過去問題を使って、解説いたします。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

10月20日(木)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック