静岡県立韮山高校の帰国子女枠編入試験に備えて、使用されている教科書を、お伝えします。

● 静岡県立韮山高校の帰国子女枠編入試験に備えて、使用されている教科書を、お伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

鎌倉学園高校の、2017年度帰国子女枠入試の合格発表が11月10日(木)にありました。

スカイプレッスン受講生、鎌倉学園高校に合格です!

生徒さんを合格に導いた青木先生

担当は、北海道大学医学部の青木先生です。

青木先生は、京都大学を経て、北海道医学部に入学されています。

中学受験、高校受験、そして大学受験の指導することができますし、願書作成がとても上手なんですよ。

さて今回は、静岡県立公立高校の帰国子女枠編入試験について、お伝えします。

静岡県のほぼすべての公立高校では、帰国子女枠編入試験を行います。

まず、編入試験日程についてです。

平成28年度、静岡県立公立高校転入学・編入学試験実施計画一覧を確認してみましょう。

随時試験を行う学校もあれば、期日が指定されている学校もあります。

・清水東高校: 7月22日、12月22日、 3月22日

たとえばトップ高校のひとつである清水東は、編入試験日程が決まっていますので、それに合わせて準備を行う必要があります。

次に、編入試験の手続きです。

1、静岡県教育委員会高校教育課指導班指導担当
2、受験校

1、2の順で、上記に直接連絡をしてください。

静岡県の編入試験の手続きは、他府県と比べると、煩雑ではありません。

試験範囲も受験校から教えてもらえます。

最後に、編入試験範囲です。

試験範囲は、試験実施前の定期テスト範囲となることが多いようです。

ですから受験校で使用されている教科書を入手して、勉強する必要がありますよね。

静岡県立公立高校の帰国子女枠編入試験を受験するのは、現地校・インターに通う生徒さんですから、早めに教科書を手に入れておきたいと思うかもしれません。

そこで、静岡教科書株式会社のHPをご紹介いたします。

このHPの「高等学校自習書・CD早見表」では、それぞれの静岡県立公立高校で使用されている教科書が掲載されています。

たとえば、韮山高校の高1では以下の教科書を使っています。

・韮山高校1年生

・桐原書店、探求国語総合、現代文・表現編

・桐原書店、探求国語総合、古典編

・数研出版、数学Ⅰ

・数研出版、数学A

・大修館、Genius English Communication Ⅰ

・数研出版、POLESTAR English Expression Ⅰ

・浜松市立高校
・静岡市立高校
・袋井高校
・三島南高校

もちろん、帰国子女枠入試を実施する公立高校の教科書も載っていますよ。

静岡県立公立高校の編入試験を受験予定の現地校生・インター生のみなさん、参考にしてみてくださいね。^^

ではメルマガのお知らせです。

今回は、静岡県立公立高校の帰国子女枠入試の合否判定について、お伝えします。

教育委員会の方に確認をしたんですよ。^^

12月4日(日)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック