夏休みの間に、日本で苦手な算数や数学を克服したい、帰国生のみなさんにお伝えします。

● 夏休みの間に、日本で苦手な算数や数学を克服したい、帰国生のみなさんにお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、夏休みの受験対策、夏期講習について、お伝えします。

夏休みは、お子さんを日本の講習会に参加をさせるご家庭も、多いと思います。

・一般入試の情報をもらいたい。
・難関校対策クラスで勉強させたい。
・日本の生徒さん達の、受験に取り組む雰囲気を感じてもらいたい。
・せっかくの夏休みだから一時帰国をしたいので、そうすると、日本の塾に通わせるしかない。笑

色々お考えはあると思います。

私は、刺激を受けることが、日本の講習会に参加するメリットだと思っています。

お子さんが、「ヤバい、もっとがんばらないと!」と思って、がんばるようになってくれたらいいですよね。

ですから、受験学年以外の生徒さんなら、おススメします。

しかし、日本の大手の塾や予備校が、帰国生の受験指導に向いているかどうかは、わかりません。

海外で通っている塾と、進度がズレているかもしれませんよね。

帰国枠入試にのことを、ご存知かどうかもわかりません。

何より、これまで海外で、少人数クラスで勉強をしてきたのであれば。

知らない環境で、教え方が違う先生から、大人数のクラスで授業を受けるのは、ストレスに感じるかもしれません。

受験学年の場合は、お子さんの性格や、これまでの勉強の様子を確認したうえで、日本の講習会の参加を検討するといいですね。

そして、こちらの状況を十分に理解して、こちらの要望に応えてくれるような塾がいいでしょうね。

そこでおススメの塾があります。

算数・数学のエキスパート、小澤先生の塾です。

中学受験の一般入試の合格率が、バツグンに高い先生で、細かく指導をしてくださいます。

さらに、著書の『中学生の成績が上がる!教科別「ノートの取り方」最強のポイント55』は、ベストセラーになっています。

夏休みの間、日本で苦手な算数や数学を克服したい帰国生のみなさんの、力になってくださいますよ。

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。      

では今日も笑顔の一日を!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

カテゴリー: イベント情報
夏休みの間に、日本で苦手な算数や数学を克服したい、帰国生のみなさんにお伝えします。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック