現地校生・インター生が海外で英検を受験する場合、日本人学校に受験資格を確認するといいですよ。

● 現地校生・インター生が海外で英検を受験する場合、日本人学校に受験資格を確認するといいですよ。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、英検会場と受験資格についてお伝えします。

日本英語検定協会のホームページに、海外の受験会場が掲載されています。

・ロンドン
・ニューヨーク
・ロサンゼルス

ロンドンでは英検4級から1級まで。

アメリカの2会場では、すべての級を受験できます。

この3会場は、みなさん受験できます。

また、日本人学校でも、英検5級から2級まで受験できると思います。

ところが日本人学校が会場になる場合、受験資格の規定が違います。

シンガポールでの英検受験です。

ワルシャワでの英検受験です。

どちらも日本人会会員であることが条件になっています。

一方で、ヨハネスブルグ日本人学校の場合、受験者は南アフリカ共和国在住である必要がありません。

つまり近隣の国から、ヨハネスブルグに来て、英検を受験できるということです。

もちろん、日本人会会員である必要もありません。

アフリカは日本人学校が少ないので、このサービスは助かりますよね。^^

いずれにしても、日本人学校に通っている生徒さんは、受験案内が学校から来るでしょう。

現地校・インターに通う生徒さんが英検の受験を希望する場合。

まずは近くの日本人学校に確認して、英検の受験資格を確認してみてくださいね。

あるいは、私にご連絡をいただければお答えしますよ。

もちろん無料です。^^

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

第121回目の配信は、第2回(2学期)英検の受験の注意事項についてです。

おそらく次回の、10月13日(日)に開催される、第2回英検を受験予定の生徒さんは多いですよね?

でも第1回英検の受験と同じつもりで準備をしていたら、ザンネンな結果になることが多いです。

ご存知でしたか?

21日(日)の24:00に、第2回英検もパスするためのコツを配信しますので、参考にしてくださいね。    

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

では今日も笑顔の一日を!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

カテゴリー: 英語習得について
現地校生・インター生が海外で英検を受験する場合、日本人学校に受験資格を確認するといいですよ。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック