お茶の水大学附属中学、平成25年度 帰国子女教育学級9月編入生募集についてお伝えします。

● お茶の水大学附属中学、平成25年度 帰国子女教育学級9月編入生募集についてお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、お茶の水大学附属中の編入試験について、お伝えします。

お茶の水大学附属中学は、9月編入試験を募集しています。

HPに記載されている内容です。

・募集要項配布期間→ 6月3日(月)~7月12日(金)、事務室にて
※事務室は9:00~16:00で開業、12:00~13:00は昼休み

・出願→ 7月8日(月)~7月12日(金)
・募集人員→ 第1学年、男女合わせて約5名
・検定日→ 7月24日(水)
 

この内容を補足しますね。

1、入試科目→ 非公開

・駐在していた国で受けた教育事情を、配慮するとのこと
・現段階の中1が持っているべき学力があるかどうかを、確認するとのこと

電話で確認したんですよ。 ^^

参考までに、帰国子女枠中学入試内容です。

・国語→ 漢字の読み書き、標準テキストレベルの文章読解問題
・算数→ 計算問題、単位変換や違う単位同士の計算など

教え子は、「基本的な問題が出題されていた」と、申していました。

2、面接試験

・生徒との面接 
・保護者との面接

両者は別々に行われます。

帰国枠中学入試で聞かれた内容です。

・生徒→ 滞在していた国のことについて(気候の違い、地理の違い、動植物の違いなど)、文章の音読(日本語力のチェック)

・保護者→ 家庭の教育方針、子どもの性格や長所について、滞在先で受けていた教育について

3、難易度

2012年度の、帰国子女枠入試結果を参考にします。

・男子受験者4名→ 合格者3名
・女子受験者17名→ 合格者10名

です。

女子の倍率が高いですね。

あと3週間ありますから、バッチリ準備してくださいね。

それではメルマガのお知らせです。

お茶の水大学附属中学の編入試験の対策について、配信します。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。 

7月2(火)の、日本時間24:00までに、こちらから登録して、受け取ってくださいね。

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。      

では今日も笑顔の一日を!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック