夏休みの一時帰国のときに、学校見学をするご予定の海外駐在員のみなさんに、お伝えします。

● 夏休みの一時帰国のときに、学校見学をするご予定の海外駐在員のみなさんに、お伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、学校見学についてお伝えします。

夏休みを利用して、学校見学をされる方が多いと思います。

もう、学校に予約をされましたか?

・1学期終業式~7月末までの数日
・2学期始業式前の8月末

この2つの期間なら、事務室は開いていますし、入試担当の先生もいらっしゃいます。

でもそれ以外は、完全休校になっているかもしれません。

ですから、7月末に学校見学を希望される方が多くなります。

帰国子女枠入試担当の先生の対応を、予約しておいたほうがいいですよね。

担当の先生の方が、話が早いですよ。

ところで学校見学に行ったときに、何を質問するか考えておいた方がいいです。

考えておかないと、担当の先生も話すことがなくなります。

そうすると、校舎の中をグルグル案内されて、重たい学校案内をドッサリ渡されて、オシマイになってしまいますよ。笑

そこでみなさんの学校見学を、有効にするお手伝いをします。

学校見学時に、聞いておくべき質問を、メールマガジンで配信します。

これで、学校見学がバッチリになりますよ。

4日(木)の24:00に配信しますので、参考にしてくださいね。   

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。 

では今日も笑顔の一日を!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

カテゴリー: 海外からの学校見学について
夏休みの一時帰国のときに、学校見学をするご予定の海外駐在員のみなさんに、お伝えします。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック