昭和女子大学附属中学の、2018年度帰国子女枠入試の英語試験内容を公開します。

● 昭和女子大学附属中学の、2018年度帰国子女枠入試の英語試験内容を公開します。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

東京都立国際高校の、2018年度帰国子女枠9月編入試験の合格発表が7月12日(木)にありました。

スカイプレッスン受講生、都立国際高校に2名合格です!

北海道大学歯学部の増田先生

担当は、北海道大学歯学部の増田先生です。

増田先生は、高校在学中にカナダに留学しています。

ですから英語も堪能ですし、現地校やインターの理数科目のこともよくわかっています。

中学受験指導、高校受験指導、編入試験対策はもちろん、現地校やインターに通う生徒さんの理数科目のサポートもできるんですよ。^^

さて今回は、昭和女子大学附属中学の、2018年度帰国子女枠入試の英語試験内容を公開します。

2017年11月18日(土)に行われた内容です。

「帰国生のための学校説明会・相談会」@東京で、入手いたしました。^^

参考にしてみてくださいね。

昭和女子大学附属中学の、2018年度帰国子女枠入試の英語試験内容 昭和女子大学附属中学の、2018年度帰国子女枠入試の英語試験内容 昭和女子大学附属中学の、2018年度帰国子女枠入試の英語試験内容 昭和女子大学附属中学の、2018年度帰国子女枠入試の英語試験内容 昭和女子大学附属中学の、2018年度帰国子女枠入試の英語試験内容 昭和女子大学附属中学の、2018年度帰国子女枠入試の英語試験内容

昭和女子大附属中学の英語についてです。

募集要項には、英語の試験は英検2級~準2級レベルと記載されていますが、現地校生・インター生であれば高得点を狙えると思います。

そして大問3の英語エッセイですが、英検のwritingと出題形式がそっくりなんです。^^

・英検準2級 2018年度第1回
・英検2級 2018年度第1回

ご存知でしたか?

昭和女子大附属の英語エッセイの語数は、60~80 wordsとなっています。

・準2級writing 50~60 words
・2級writing 80~100 words

英検の過去問題を使って特訓すると良いですよ。

次に、昭和女子大附属中学の学科試験についてです。

 

・国算(各50分間、各100点満点)
・国算英(各50分間、各100点満点)
※3教科受験者は、国算の合計200点満点と、英語を加えた300点満点の点数を2/3にした点数を比べて、良い方を本人の得点とする

3教科で150点/300点以上であれば、合格できるそうです。

入試担当の先生に確認したんですよ。^^

昭和女子大附属は、帰国子女枠で受験できる附属校です。

11月中旬に受験できるので、ありがたいですよね。

昭和女子大附属中学を受験するみなさん、英語で点数を稼いで、合格してくださいね。^^

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

今回は、同志社国際中学の、2018年度9月帰国枠編入試験内容について、お伝えします。

最新の情報です。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

8月11日(金)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック