広尾学園中学インターナショナルAGの、2018年度帰国枠入試の算数の問題を公開します。

● 広尾学園中学インターナショナルAGの、2018年度帰国枠入試の算数の問題を公開します。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

順天高校の、2018年度帰国子女枠入試の合格発表が7月23日(日)にありました。

スカイプレッスン受講生、順天高校に合格です!

担当は、北海道大学医学部の加納先生です。

講師の加納裕太(かのうゆうた)先生

加納先生は、理数科目はもちろん、英語も教えられます、オールマイティーに指導できます。

私立中学・私立高校受験指導、公立中高一貫校の受験指導、高校生の定期テスト対策、編入試験対策など、幅広く対応しているんですよ。^^

さて今回は、広尾学園中学インターナショナルAGの、2018年度帰国枠入試の算数についてお伝えします。

広尾学園中学の、2019年度帰国子女枠入試は、12月20日(木)に行われます。

広尾学園中学 募集要項

募集要項は、HPにまだ発表されていません。

「帰国生のための学校説明会・相談会」@東京で、募集要項の概要を入手しましたので公開しますね。^^

まず、選考方法です。

・国語(30分間 50点満点): 漢字、慣用句、日本語作文(300字)

・算数(50分間 50点満点): 小6までの内容が中心、すべて英語で出題

・英語(50分間 100点満点): 長文・詩の読解(記述式)、英語エッセイ

・面接試験(10分間): 日本語と英語

英語の試験結果を最も重視するため、英語の配点が最も高くなっています。

そして英語試験の中で最も重視しているのは、英語エッセイだそうです。

入試担当の先生に確認したんですよ。^^

次に、算数についてです。

広尾学園中学インターナショナルAGの、2018年度12月入試の内容を公開します。

2017年12月19日に行われた内容です。

こちらは学校からもらうことができます。

参考にしてみてくださいね。^^

広尾学園中学入試内容

広尾学園中学入試内容

広尾学園中学入試内容

広尾学園中学入試内容

広尾学園中学入試内容

 

広尾学園中学入試内容

ところで広尾AGの算数ですが、対策が難しいかもしれません。

・英語で説明している日本の算数教材を見つけられない
・中学受験算数ほど難しくはない、適度な算数教材が見つけられない

現地校やインターで使う算数教材は英語で説明されていますが、日本のカリキュラムに沿っていないため、広尾の受験対策には使えないことが多いと思います。

しかし四谷大塚の予習シリーズなどは、すべて日本語で書かれていますし、広尾の算数よりも難しいと思うので、受験対策として適切なのだろうかと思うかもしれません。

では、メルマガのお知らせです。

今回は、広尾学園中学インターナショナルAGの、算数対策についてお伝えします。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

本日、8月27日(月)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック