暁星中学の、2018年度帰国枠中学2年9月編入試験内容についてお伝えします。

● 暁星中学の、2018年度帰国枠中学2年9月編入試験内容についてお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

開智日本橋中学の、2019年度帰国子女枠入試の合格発表が11月24日(土)にありました。

スカイプレッスン受講生、開智日本橋に4名合格です!

北海道大学獣医学部の松尾先生

担当は、北海道大学獣医学部の松尾先生です。

松尾先生は、東京都立国立高校を卒業し、北海道獣医学部に入学されています。

松尾先生はハーフなので、日本語も英語も堪能なんですよ。^^

さて今回は、暁星中学の、2018年度帰国子女枠中学2年9月編入試験内容についてお伝えします。

2018年6月25日(月)に行われた内容です。

合格した生徒さんが教えてくれたんですよ。^^

1、国語(50分間)

・説明文の読解がひとつ、記述問題が8問で、説明文の内容に対して意見を書く作文が出題されました

・漢字は15問でした

2、数学(50分間)

・平方根の計算問題が多数

・因数分解の計算問題も多数、範囲は平方根と因数分解のみでした

3、英語(50分間)

・発音記号が6問

・英文の空欄に語句補充する問題が5問

・上記の問題とは別に、英文の空欄に前置詞を入れる問題が7問

・短い文章を読んで、内容に対してtrue/faultを答える問題が6問

・長文読解が1つ、その内容に対して4問

・英語エッセイテーマは、北海道と沖縄どちらが良いか?

4、面接試験(10分程度)

・海外生活で困ったことは何ですか?(日本語と英語両方で)

・自己紹介をお願いします(日本語と英語両方で)

・趣味、好きなことを教えてください(日本語と英語両方で)

・将来の夢を教えてください(日本語と英語両方で)

・志望理由を教えてください(日本語のみ)

帰任が急遽決まって以降、これまでサポートして頂きまして、誠にありがとうございました。

振り返れば、情報戦だったと言うのが実感です。

合格は、齊藤先生からの実務的なアドバイスと教材があったからこそです。

本当にありがとうございました。

暁星中学の数学は、中学3年から高校内容が始まります。

つまり、中学2年間で、公立学校3年間分の内容を終わらせることになります。

そうすると、各学期での進度状況と編入試験範囲を予想することができますよね。^^

暁星中学では、欠員がある場合、2月と6月に、帰国枠編入試験を行っています。

・2017年度帰国枠編入試験合格者数: 中学1年0名、中学2年1名、中学3年2名
・2016年度帰国枠編入試験合格者数: 中学1年0名、中学2年0名、中学3年0名
・2015年度帰国枠編入試験合格者数: 中学1年2名、中学2年1名、中学3年1名

合格は決してカンタンではありません。

編入試験対策をバッチリ行ってくださいね。

帰国枠編入試験は、学校によって試験範囲や合否基準が異なります。

編入試験について詳しくお知りになりたい場合は、齊藤までご連絡くださいね。^^

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

今回は、成蹊小学校国際学級の、2018年度帰国子女枠9月編入試験内容を、お伝えします。

最新の情報です。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

12月2日(日)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック