大阪女学院中学の帰国子女枠編入試験のメリットについて、お伝えします。

● 大阪女学院中学の帰国子女枠編入試験のメリットについて、お伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

横浜国立大学附属鎌倉中学の、2019年度帰国子女枠入試の合格発表が2月7日(木)にありました。

スカイプレッスン受講生、横浜国立大学附属鎌倉中学に合格です!

担当は、北海道大学医学部の家城先生です。

家城英佳(やしろひでか)先生

家城先生は理系ですので、数Ⅰ・数A~数3・数Cはもちろん、高校の化学・物理の指導が可能です。

さらに、英語エッセイ指導もできます。

生徒さんに元気を与えるのが得意で、特に女子に人気があるんですよ。

さて今回は、大阪女学院中学の帰国子女枠編入試験のメリットについて、お伝えします。

大阪女学院中学高校は、大阪女学院大学の附属校です。

ですから基準を満たせば、大阪女学院大学に進学することができます。

大阪女学院高校の2018年度大学人学実績です。(卒業生300名)

・大阪女学院大学 14名

しかし大阪女学院大学への進学人数は多くありません。

実は、大阪女学院高校から他大学に進学する生徒がとても多いです。

大阪女学院進学の1つ目のメリットは、大阪女学院大学の附属校でありながら、関関同立への推薦枠が多いことです。

大阪女学院高校の指定校推薦枠です。

・同志社大学 11名
・関西学院大学 44名
・立命館大学 7名
・関西大学 11名

・関関同立推薦枠合計: 73名

2018年度の卒業生は300名です。

ですからおよそ4分の1は、基準を満たせば、関関同立のいずれかの大学に進学できることになります。

国立大学や、関関同立以外の私立大学を志望している生徒が毎年一定数いるので、実際には4分の1以上の割合で、関関同立に進学することができます。

入学後、学校の勉強にしっかり取り組んでいれば、4人に1人の枠に入るのは、それほど難しくないと思います。

大阪女学院進学の2つ目のメリットは、大阪府内に帰国される場合は、比較的通いやすいことです。

関関同立の附属校で、帰国枠編入試験を定期的に実施している中学です。

・同志社国際中学(同志社大学附属 京都府京田辺市)

・関西学院千里国際中学(関西学院大学系属 大阪府箕面市)

・啓明学院中学(関西学院大学附属 兵庫県神戸市須磨区)

・立命館宇治中学(立命館大学附属 京都府宇治市)

・立命館守山中学(立命館大学附属 滋賀県守山市)

上記の学校に入学すれば、附属大学、または系属大学に進学することができるので安心です。

帰国先が大阪市内、環状線の駅周辺などであれば、上記の学校を選択することが可能だと思います。

しかし大阪府北部や大阪府南部に帰国する場合、上記の学校は通学に時間がかかりすぎて、通うのが難しいかもしれません。

たとえば、豊中から同志社国際まで通う場合は、乗り換えをして、1時間から1時間30分はかかると思われます。

・子どもを寮に入れたくない
・日本に慣れていないうちは通学時間をできるだけ短くしたい
・部活動や習い事に取り組む時間をできるだけ多く確保したい

たとえば上記を希望される場合は、大阪女学院のような、内部進学率がそれなりに高く、通いやすい学校を考えるのも良いと思います。

帰国枠編入試験に合格した生徒さんのお母様からの感想です。

齊藤先生

大阪女学院中学の帰国枠編入試験に、無事、合格いたしました。

ありがとうございました。

同志社国際中学に編入させたいと思ってきたのですが、通学も遠くなるので、習い事を頑張りたい娘に適しているのかどうか、主人とずっと悩んでおりました。

齊藤先生からの大阪女学院のご提案は、私たちにはまったく思いつかない発想でした。

編入試験準備がしやすかったのも助かりました。

同志社国際の編入試験を受験したとしても、ひょっとしたら、娘には難しかったかもしれません。

適切なアドバイスをしてくださり、本当にありがとうございました。

娘も私たちも、大阪女学院に通うのを楽しみしています。

大阪女学院中学編入試験受験の最後のメリットは、帰国枠編入試験の準備がしやすいことです。

試験の難易度が、公立中学、および日本人学校で扱うレベルですので、海外に住んでいても対策がしやすいと思います。

帰国枠編入試験をお考えの場合は、学校に直接ご連絡されるか、齊藤にメールをしてくださいね。^^

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

今回は、東京都立国際高校の、2019年度帰国子女枠編入試験の面接試験内容を、お伝えします。

最新の情報です。

本日、3月16日(土)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック