帰国枠入試について解説するオンライン勉強会第3回目を、日本時間の7月26日(日)20時からZoomで行いました。

● 帰国枠入試について解説するオンライン勉強会第3回目を、日本時間の7月26日(日)20時からZoomで行いました。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

海外駐在員専門コンサルタント齊藤

帰国枠入試について解説するためのオンライン勉強会を、日本時間の7月26日(日)20時から行いました。

今回は、関西地方の帰国枠入試・帰国枠編入試験についてです。

Zoomを使っての相談会で、アジア・ヨーロッパ、北アメリカ、南アメリカ、オーストラリアの世界4大陸からご参加くださいました。

参加者のみなさんからの感想です。

齊藤先生、本日は、貴重なお時間をありがとうございました。

スカイプレッスン講師陣の層の厚いことに驚きました。

講師のみなさんから、それぞれの性格、得意とされている勉強方法、勉強に向かうスタイルの違いをお聞かせいただけたので、わが子と照らし合わせることができました。

子どもの勉強に向かうスタイル、学校の特徴を研究して学校選びしてあげることが、学びの相乗効果につながるのだと痛感しました。

私は関東出身で、関西のことを知らないのに関西に帰任予定なのです。

オンライン勉強会は、関西の受験ルールや学校を知る良い機会になりました。

駐在先に戻るかどうか迷っていましたが、先生のお話を聞いて、戻る意思が強くなりました。

しかし今後のコロナ感染拡大と国交の状況によっては、受験シーズン直前に日本に戻れないかもしれませんので、帰国時期を検討しながら受験準備をすることにします。

齊藤先生

昨日は、貴重な時間を割いてくださり、本当にありがとうございました!!!

帰国枠高校受験について聞きたくて参加させていただきましたが、帰国枠編入試験や帰国枠中学受験についても説明してくださったので、下の子の参考にもなりました。

コロナで入試がどう変わるか、オンライン入試に切り替わる可能性など、しっかり学校の情報を追っていかなければならないと感じました。

そして、齊藤先生がおっしゃった、「学校のタイプをしっかり理解してから選ぶ」を心に留めて、子どもと学校選びをしようと思います。

3人の先生方からの受験体験談、受験へのアプローチ、勉強スタイルなどをうかがえたことも、とても参考になりました。

齊藤先生

本日は長時間に渡り話していただき、ありがとうございました。

関西は、関東と比較して大手塾も少なく、帰国子女枠受験情報は集めにくいので困っておりました。

先生からの視野の広い、バランスの取れた貴重なお話、大変勉強になりました。

子どもに合った学校選びをしようと思います。

3名の先生方が、齊藤先生からの突然の質問に対して的確にお答えになる様子を拝見し、その優秀さに驚きました。

齊藤先生、本日はオンライン勉強会ありがとうございました。

長時間、情報で満載でした。

子どもの高校編入や受験にばかり気を取られていたのですが、先生から中学受験のお話をたくさんうかがえて、とても有意義でした。

下の子のことも考えなければいけません。

関西エリアの学校にフォーカスして、各校の特色や校風、学校案内には書いてないつぶやき的な部分もうかがえて、本当にありがたかったです。

中学高校どちらの入試でも、帰国子女入試に求められる英語の資格をつけないといけないと改めて感じました。

齊藤先生から、「今の学力は一生の学力ではない、逆転はできる」とおっしゃっていただき、前向きになれました。

齊藤先生

昨日は長時間に渡り、帰国受験について大変貴重なお話を聞かせていただきありがとうございました。

コロナで受験対策がしにくい状況で、どのように子どもたちの学習面をフォローし、進路を決めていくべきかを考える機会になりました。

また、講師の方々のお話は、一緒に聞いていた子どもたちも興味を持ったようです。

特に、浅井先生の現地校の学習にしっかり取り組みながら、日本の勉強も頑張っていた姿が印象的だったようです。

現地校の学習をしっかりすることは、日本の勉強にもつながっているんだと思えたようで、これからも両方の勉強を頑張ろうと思ったようです。

素晴らしい機会をありがとうございました。

齊藤先生、本日は、どうもありがとうございました。

学校の特色、受験校の決め方など、非常に参考になりました。

中学の編入がお得だという話も、目から鱗でした。

募集人数が少ないからと、諦める必要はないんだなと思えました。

まずは子供と本帰国後の進路について再度話し合いたいと思います。

参加されていた先生方のバックグラウンドも皆さん違い、いろんなパターンがあるんだなぁと感じました。

ぜひスカイプレッスンをお願いしたいと思ったので、まずは目指したい志望校を決めたいと思います。

例年7月は、帰国枠入試について解説する勉強会・ランチ会を東京で行っています。

しかし今年は新型コロナウイルスの影響で開催が難しいため、オンライン勉強会に切り替えました。

オンライン勉強会は今回で5回目の開催となりましたが、好評だったので、また、来年も開催をしようと思います。

無料相談会のご案内は、メールマガジンからいたしますよ。

メルマガを登録しておいてくださいね。^^

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

今回は、成蹊中学1年国際学級の、2020年度帰国子女枠9月編入試験内容について、お伝えします。

最新の情報です。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

8月22日(土)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

カテゴリー: イベント情報
帰国枠入試について解説するオンライン勉強会第3回目を、日本時間の7月26日(日)20時からZoomで行いました。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック

帰国子女枠入試の講師陣