滑舌が悪いので、できれば面接試験を避けたい、インターや現地校に通う生徒さんにお伝えします。

● 滑舌が悪いので、できれば面接試験を避けたい、インターや現地校に通う生徒さんにお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、音読が大キライな生徒さんが、楽しくなって、練習したくなる方法について、お伝えします。

・「誰とでも話すのですが、ウチの子はあまりにも滑舌が悪いんです・・・」
・「滑舌が悪いことを気にして、人前では話したがらないのですが、どうしたらいいでしょうか」
・「滑舌の悪さについて、からかわれてから、音読をしなくなってしまいました・・・」

駐在員のみなさんから、メールでご相談を受けています。

英語で話す分には問題ないのですが、日本語になると、聞き取りづらくなるそうです。

滑舌が悪いと話したくなくなる気持ちは大いにわかります。

でも、帰国子女枠入試では、面接試験をすることが多いので、なかなか避けられないんですよね。

音読を何回もくり返せば、滑舌は良くなります。

でも、からかわれたり、みんなから変だと言われたりして、日本語を話したくなくなってしまったのが、とてもザンネンです。

そういうお子さんに、「音読しなさい!」と言うのは、逆効果ですから、やめたほうがいいですよ。

実は、お子さんが楽しくなって、進んで音読をするようになる方法があります。

ご存知でしたか?

あんなに音読をイヤがっていたのに、夢中で音読するんです。 ^ ^

ですから毎日続けたら、滑舌がドンドン良くなりますよ。

面接試験の練習も、前向きになります。

色々試してみた結果、『版画のはらうた』を使うのが良いようです。

版画 のはらうた/童話屋

¥1,365
Amazon.co.jp

内容が楽しいですし、絵もかわいいですから、気に入ってくれますよ。

その、音読が大キライな生徒さんが、楽しくなって、練習したくなる方法を、メルマガで配信します。

明日、24:00までに、読者登録をしておいてくださいね。

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。      

では今日も笑顔の一日を!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

カテゴリー: 面接試験突破のテクニック
滑舌が悪いので、できれば面接試験を避けたい、インターや現地校に通う生徒さんにお伝えします。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック