学習院女子中等科を、帰国子女枠で受験をする生徒さんに、お伝えします。

● 学習院女子中等科を、帰国子女枠で受験をする生徒さんに、お伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、学習院女子中等科の帰国子女枠入試について、お伝えします。

1月19日(土)が、2013年度の海外帰国生入試となります。

入試科目は、以下の通りです。

・国語(40分)
・算数(40分)
・作文、または英語(50分)
・面接(保護者同伴、7分前後)

そして募集人数は、15名程度です。

2012年の帰国入試結果は、受験生32名中、合格者が18名でした。

受験生のみなさん、がんばってくださいね。 ^ ^

さて、学習院女子に通っている生徒さんから、作文の添削を見せてもらったことがあります。

先生のあたたかいアドバイスが、ビッシリと書き込まれていました。 ^ ^

また、学習院初等科に通っている生徒さんから、学校の先生と交換日記をマメに行っていたことを、教えてもらいました。

学習院女子、初等科、どちらの生徒さんも、文章がとても上手だったのですが、それは学習院の指導のおかげなんでしょうね。

さて、その学習院女子の入試ですが、入試も記述を重視しています。

・国語 →すべて記述
・算数 →途中式も重視
・日本語作文 →字数制限なし
・英語 →英作文あり

答案は、できるだけていねいに書きましょう。

次に合否判定についてですが、ひょっとしたら、学校の名前が名前だけに、色々とご心配をされているのではありませんか?

たとえば、ご両親のご職業とか、そういったものも合否に関係してしまうのではないかと・・・。

もちろん、そんなことは関係ないですよ。

そのようなご心配に対して、学習院女子のHPで説明をしてくれています。

記事の最後にリンクを貼っておきますので、確認をしてみてくださいね。

そして最後に、学習院女子の面接試験についてです。

親子同伴面接ですよね。

学習院女子中学に帰国枠で合格した生徒から、面接内容について、インタビューしてありますよ。 ^ ^

メルマガ読者さんに先行して、配信します。

本日、1月11日(金)の、日本時間24:00までに、こちらから登録して、受け取ってくださいね。

『学習院女子中等科、よくあるご質問』はこちらから!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック