帰国枠入試の親子面接の質問内容について、ご心配されている海外駐在員のみなさんにお伝えします。

● 帰国枠入試の親子面接の質問内容について、ご心配されている海外駐在員のみなさんにお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、親子面接の質問内容と、注意事項ついてお伝えします。

たとえば、学習院女子中等科、同志社国際中学A選考の面接は、保護者同伴となります。

正直、すごくイヤですよね。笑

でも、保護者の方の回答は、基本的に合否に関係しませんので、ご安心ください。

よく聞かれる質問です。

1、子どもについて

・お子さんの良いところは、どういうところですか?
・お子さんは、海外生活を通して、どのように成長されましたか?
・お子さんには、将来、どのように成長してもらいたいですか?
・海外生活で気をつけたことは、何ですか?
・ご家庭の教育方針を、教えていただいてもよろしいですか?
・ご家族で、どのようなことを、よく話されますか?

ポイントは、お父さん、お母さんの回答と、生徒さんの回答を、一致させておくことです。

ご両親と生徒さんの答えが合わないと、ツッコまれることがあります。

2、受験校について

・わが校のキリスト教に基づいた指導について、ご賛同してくださいますか?
・わが校のことを、どのようにして知りましたか?
・わが校の教育方針に、賛同してくださいますか?

宗教系の学校、国際系の学校は、教育方針を確認することが多いです。

受験校のパンフレットを見て、答えられるようにしておいてくださいね。

3、イヤな質問

・併願校は、どちらになりますか?

参考までに聞かれることがあります。笑

『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』で、答え方を配信しますので、登録しておいてくださいね。

ちなみに明日、11日(金)は、メルマガで、親子面接のある学習院女子中等科のインタビュー内容を配信します。

メールマガジン『帰国子女枠入試を成功させるための自己PRと面接練習』も、要チェックです。

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。      

では今日も笑顔の一日を!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

カテゴリー: 面接試験突破のテクニック
帰国枠入試の親子面接の質問内容について、ご心配されている海外駐在員のみなさんにお伝えします。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック