白百合学園中学を、帰国子女枠で受験をする生徒さんに、お伝えします。

● 白百合学園中学を、帰国子女枠で受験をする生徒さんに、お伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、白百合学園の帰国子女枠入試について、お伝えします。

いよいよ明日、1月8日が、2013年度の海外帰国生入試となります。

入試科目は、以下の通りです。

・国語(40分)
・算数(40分)
・英語、またはフランス語(40分)※外国語の作文を含む
・面接(10分程度)

そして募集人数は、12名程度です。

以前、白百合に通っている生徒から、国語の授業プリントを見せてもらったことがあります。

ぜひ、授業で使わせてもらいたいと思うぐらい、記述力が鍛えられる、すばらしいプリントでした。

外国語教育が充実しているだけでなく、クオリティーの高い国語の指導も、白百合の良いところですね。

さて、その白百合の帰国枠入試ですが、白百合の受験生は、英語のレベルがかなり高いのではないかと、ご心配に感じているかもしれません。

過去問題も手に入りませんしね。

ここでアドバイスです。

白百合は、3教科とも試験時間が同じですよね。

そうすると、3教科の重要性はどれも同じ、3教科の合計で判断されるはずです。

また、欧米圏のインターや現地校に通っている生徒さんは、確かに英語がレベルが高いですが、そういう生徒たちに合わせて、英語の入試問題を難しくすることはないでしょう。

そんなことをしたら、アジア圏の生徒さんは、受験できなくなってしまいますよね。

帰国枠入試の問題は、一般入試に比べたらカンタンになります。

国語と算数の受験勉強を、マジメに勉強してきていて、インターや現地校の授業についていけるぐらいの英語力があれば、合格できるでしょう。

そして面接試験は参考程度ですから、カンタンに練習をしておけば大丈夫ですよ。

受験生のみなさん、がんばってくださいね。 ^ ^

ちなみに、日本の塾がないところで、受験に備えて、国語と算数をマジメに勉強していく方法、そして外国語の作文は、どの程度書けたらよいかをお知りになりたい場合は、ご連絡くださいね。

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

第44回目の配信は、1月11日(金)です。

記事の内容は、「学習院女子中等科の、帰国子女枠入試の面接試験内容」です。

ブログのアメンバー記事でアップする前に、メルマガでインタビュー記事を先行配信します。

1月19日(土)が、学習院女子の帰国入試ですね。

もちろん、この学校もインタビューしてありますよ。^ ^

学習院女子の帰国枠入試の面接試験内容について知りたい方は、こちらから!

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。      

では今日も笑顔の一日を!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック