慶應義塾高校の「保護者から見た本人像」の、書き方がわからない駐在員のみなさんにお伝えします。

● 慶應義塾高校の「保護者から見た本人像」の、書き方がわからない駐在員のみなさんにお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、願書の「保護者から見た本人像」の書き方についてお伝えします。

「保護者から見た本人像」って、どうやって書いたらよいのでしょうか?

この質問に対する、お悩み解決サイトの解答例です。

・気にしなくて大丈夫です、ありのままを書きましょう

ありのままなんて、とても書けないですよね?笑

・志願者の人物像や、受験の動機等を記載してください

人物像と言われても、色々なところがありますから、どの部分を書いたらよいのかが、わからないですよね?

しかも、受験の動機等の「等」って言われても・・・。

・入試要項をよく見て、学校が期待している生徒像を書きましょう

そんなことは、わかっています。笑

その通りなんでしょうけれど、学校が期待している生徒像が、ピンとこないですよね?

わかりました、私が書き方をお教えします。 ^ ^

慶應義塾高校の帰国入試の願書〆切は、1月11(金)、郵送必着ですから、まだ間に合いますよね。

本日、1月6日(日)、日本時間24時に、配信します。

『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』に登録しておいてくださいね。

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。      

では今日も笑顔の一日を!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

カテゴリー: 自己PR作成について
慶應義塾高校の「保護者から見た本人像」の、書き方がわからない駐在員のみなさんにお伝えします。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック