中央大学杉並高校を、帰国子女枠で受験をする生徒さんに、お伝えします。

● 中央大学杉並高校を、帰国子女枠で受験をする生徒さんに、お伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、中央大学杉並高校の帰国子女枠入試について、お伝えします。

2013年度、中央大学杉並高校の帰国枠入試は、1月24日(木)になります。

募集人数は20名です。

中杉に学校見学に行った教え子たちの報告なんですが、入試担当の先生が、とても親身に対応して下さったそうです。

「誰かに言われた学校ではなく、自分が納得のいく学校を、第一志望にして受験をしたほうがいいですよ、がんばってください」

こうやって言ってもらえて、すごく嬉しかったと、話していました。 ^ ^

出願期間は、本日1月4日(金)から16日(水)ですよ。

さて、中杉の帰国枠入試はユニークです。

一般入試 →国数英の3科
帰国入試 →5科の基礎学力検査、作文、面接試験、調査書

帰国枠入試なのに、科目数が増えていますよね?笑

中杉の帰国枠は、一般入試の準備とは、ゼンゼン違いますので注意が必要です。

基礎学力検査の問題は、一般公募推薦入試の適性検査が参考になるそうです。

こちらはダウンロードできますので、参考にしてくださいね、最後にリンクを貼っておきます。

では、メルマガのお知らせです。

中央大学杉並高校に帰国枠で合格した生徒から、面接内容と、試験の注意について、インタビューしてありますよ。 ^ ^

メルマガ読者さんに先行して、配信します。

本日、1月4日(金)の、日本時間24:00までに、こちらから登録して、受け取ってくださいね。

一般公募推薦入試の過去問題は、こちらから!※どんどん下までスクロールをしてください

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック