桐朋女子高校の帰国枠入試の英語エッセイは、滞在していた国のことについて出題されることが多いですよ。

● 桐朋女子高校の帰国枠入試の英語エッセイは、滞在していた国のことについて出題されることが多いですよ。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

本日、1月10日(金)は、攻玉社中学の帰国枠入試ですね。

攻玉社の面接は、英語が中心になります。

受験生のみなさん、がんばってくださいね。

今回は、桐朋女子高校のエッセイ、お伝えします。

2014年1月22日(水)に、桐朋女子高校のA選考が行われますね。

桐朋女子高校の、帰国子女枠入試で出題された、エッセイテーマをご紹介しますね。

・What was the most impressive lectures/lesson you ever had?

(最も印象深かった授業は何ですか?)

・Did the oversea experience affect your personality? Give your example as many as possible.

(海外での経験は、あなたにどんな影響を与えましたか?具体例を挙げて答えてください)

・You are to write a newspaper report on the country you have once lived. Mention things such as shopping, sports, famous place, transportation, etc.

(これまでに住んだことのある国について、新聞記事を書くことになりました。ショッピング、スポーツ、名所のこと、交通機関などについて、書いてください)

・What made it possible for you to understand English?

(どのようにして英語がわかるようになりましたか?)

・Mention some experiences that are unforgettable for you.

(忘れられない経験について、書いてください)

海外での経験に基づいた内容ばかり、出題されていますよね。

と言うことは、入試に出題されそうなテーマで練習をしておけば、入試ではカンタンに書けますよね。^^

入試エッセイの書き方は決まっていますから、エッセイが苦手でも、2~3か月練習すれば、書けるようになりますよ。

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

今回は、渋谷教育学園渋谷中学の面接試験内容をお伝えします。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

受験生のみなさんのお役に立ちたいと思います。^^

本日、1月14日(火)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

では今日も笑顔の一日を!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

カテゴリー: 帰国枠入試情報
桐朋女子高校の帰国枠入試の英語エッセイは、滞在していた国のことについて出題されることが多いですよ。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック