神戸大学附属中等教育学校住吉の編入試験を考えている、帰国生のみなさんにお伝えします。

● 神戸大学附属中等教育学校住吉の編入試験を考えている、帰国生のみなさんにお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、神戸大学附属中等教育学校住吉の帰国子女枠編入試験について、お伝えします。

お茶の水女子大学附属中学、埼玉大学教育学部附属中学など、帰国生に編入試験を行う、国立大学の附属校があります。

神戸大学附属中学も、そのひとつです。

では、神戸大学附属の編入試験内容を確認してみましょう。

・学力検査→ 国数英(各50分)
・面接→ 親子+個人(合計30分)

編入試験は、学校の勉強についていけるかどうかを確認するために行います。

ですから、もし独学で準備をする場合は、学校の教科書に沿って勉強をするといいですよ。

そこで、神戸大学附属中学で使われている教科書を、お教えします。

・国語→ 三省堂
・数学→ 数研出版
・英語→ 学校図書株式会社

神戸大学附属中学指定の教科書取次店から、購入できますよ。^^

そして、教科書準拠の問題集を使って勉強できたら、さらにバッチリですよね。

準拠問題集は、書店でも、amazonでも買えますよ。^^

もし、教科書や問題集が買えない場合は、私が購入して、海外までお送りしますので、ご連絡くださいね。

ちなみに、兵庫県の国公立、私立で使用されている教科書は、こちらのサイトで公開されています。※平成25年度の教科書

兵庫県の学校に編入を考えている場合は、参考にしてくださいね。

ではメルマガのお知らせです。

神戸大学附属中等教育学校の帰国子女枠入試対策について、お伝えします。

この学校の帰国枠情報、どこにも掲載されていませんから困りますよね。

3月9日(日)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

では今日も笑顔の一日を!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

カテゴリー: 編入試験について
神戸大学附属中等教育学校住吉の編入試験を考えている、帰国生のみなさんにお伝えします。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック