群馬県立高崎女子高校に、帰国子女枠入試で合格した生徒のインタビューです。Part3

● 群馬県立高崎女子高校に、帰国子女枠入試で合格した生徒のインタビューです。Part3

海外駐在員専門コンサルタントの櫻井です。

今回は、群馬県立高崎女子高校の校風について、お伝えします。

この記事は、前回の『群馬県立高崎女子高校に、帰国子女枠入試で合格した生徒のインタビューです。Part2』の、続編となります。

まだ読まれていない方は、下にリンクを貼っておきますので、あわせて読んでください。

※齊藤のセリフは太字、生徒さんのセリフは細字です。

生徒さん:

高校生活は、ものすごく楽しかったです!

齊藤:

そこ聞きたいです。

高崎女子の良いところを、どんどん教えてください。

良いところ、たくさんありすぎます。笑

校風は自由でしたか?

服装や見た目については、わりと厳しかったですよ。

スカート丈はひざ下、靴下はぜったい白、などです。

そうなんですね。

学校で好きだったことは何ですか?

友達と会うことですかね。

毎日友達に会えるのが楽しみで、学校に行っていた記憶があります。

気の合う子が多かったんですね。

どんな子たちでした?

好奇心旺盛で、何事にも一生懸命な子が多かったです。

一生懸命、くだらないことをやる子も多かったです。

頭は良いんだけど、どこかアホで面白い、といいますか・・・。

公立のトップ高校に合格した生徒たちは、同じことを話してくれますね。

何事にも一生懸命で。

バカなことにも一生懸命って。笑

本当ですか?笑

はい。

でも、そうなるんだと思いますよ。

何でも一生懸命やった方が、楽しいですから。

文化祭のときに、古典を題材にした企画をクラスで立ち上げたんですよ。

古典の教科書や資料集に登場する絵を、実際に作って教室に飾っておくことになったんですね、見返り美人とか。

ダンボールを持ってきて作るんですけど。

はい。

見返り美人の顔が、かなりブサイクに作られてしまって。

一生懸命修正するのに、やっぱりブサイクで。

そのうちブサイクなままでイイや!ということになって、そうするとバランスを取るために、全部の絵をブサイクにすることになって。

真剣に協力し合って、わざとブサイクな絵を描くって、オカシイですよね。

そういうことなんですよね、バカなことにも一生懸命って。笑

授業はどうでしたか?

授業のペースは、速すぎるということはありませんでした。

3年生の夏までに、教科書が終わるくらいのペースで。

確かに、普通のペースですよね。

高校のとき、塾に通っていましたか?

いえ、高校のときは全く通いませんでした。

そこ聞きたいです。

どうやって勉強をして、大学を決めましたか?

次回は、群馬県立高崎女子高校からの大学選択について、お伝えします。

楽しみにしていてくださいね。

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

埼玉県公立高校の編入の手続きについてです。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

高1の途中、または高2から、公立高校に編入を考えている帰国生のみなさんに向けて、書きます

3月27日(木)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

では今日も笑顔の一日を!

『群馬県立高崎女子高校に、帰国子女枠入試で合格した生徒のインタビューです。』は、コチラから!

高崎女子高校に、帰国子女枠入試で合格した生徒のインタビューです。Part2』は、コチラから!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック