海外から、公立高校と私立のどちらを受験したらよいか、迷っている場合は、参考にしてください。

● 海外から、公立高校と私立のどちらを受験したらよいか、迷っている場合は、参考にしてください。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、海外から公立高校を受験するときの手順について、お伝えします。

スカイプで、受験校のご相談を受けています。

・帰国先に、私立高校がほとんどない場合
・県下の公立高校ほぼすべてに、帰国枠がある場合
・行きたい公立に、帰国枠がある場合
・帰国枠に関係なく、行きたい公立がある場合

こういう場合は、迷わず公立を第一志望にするといいですよね。

ところで公立は、受験するための手続きがありますし、通うためには条件を満たす必要があります。

また、私立よりも規定が細かかったり、受験日が遅かったりします。

ですから不安になって、帰国先の私立が充実している場合、たとえば神奈川県や大阪府などに帰る場合は、公立と私立のどちらを受験していくか、迷ってしまうようです。

そこで、公立高校を受験していくための、必要な手順、受験までの流れを、本日、11月16日(金)のメルマガを読んで、確認しておきませんか?

手順や必要な準備を知っておけば、安心ですよね。 ^ ^

23:00までに、こちらから登録して、読んでみてくださいね。

カテゴリー: メールマガジンについて
海外から、公立高校と私立のどちらを受験したらよいか、迷っている場合は、参考にしてください。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック

帰国子女枠入試の講師陣