単身留学生なので帰国生ではないけれど、帰国子女枠で受験をしたいと考えているみなさんにお伝えします。

● 単身留学生なので帰国生ではないけれど、帰国子女枠で受験をしたいと考えているみなさんにお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、単身留学生が帰国子女枠で受験をできる高校について、お伝えします。

帰国枠で受験するためには、各学校が定めた出願資格をクリアしていなければいけません。

例として、2014年度、青山学院高校の帰国枠入試の出願資格を見てみましょう。

1:海外在住期間が引き続き1年以上にわたり、現地校、国際校、または全日制日本人学校に在籍していた者で、帰国後2年10カ月以内であること。

※なお、本校への入学予定日(4月1日)を資格算定日とする。

※2014年度入試の場合、2011年6月以降の帰国。本人が単独で海外留学した場合は該当しません。

2:1997(平成9)年4月2日より1999(平成11)年4月1日までに出生の者で、次のA、Bのいずれかに該当する者。

A:2014年3月に中学校を卒業見込みの者または2013年3月に中学校を卒業した者。

B:海外の学校に就学している者等で、本校において、中学校卒業と同等の就学実績があると認めた者。(あらかじめ、本校にお問い合わせください。)

3、保護者のもとから通学可能な者。(本人のみの下宿、アパート、会社等の子弟寮からの通学は認めておりません。)

保護者は父もしくは母が原則ですが、やむを得ない理由で不可能な場合は、東京またはその近辺に一家計を立て(就学中の兄・姉等は不可)、学校との連絡が容易にとれ、直ちに来校できる、

親権者と同等の責任を持つ在京保証人が必要であり、入学後はその家庭から通学していただくことを条件といたします。

※青山学院高校のHPから抜粋しています。

・帰国生→ 保護者の就業による海外在住の結果、海外に住むことになった生徒

ほとんどの学校が、上記のように定義しています。

ですから単身留学をしている生徒さんは、どんなに海外が長くて、英語がペラペラになっても、帰国生と認められませんでした。

ところが最近、国内のインターナショナルスクールに通う生徒さんを、現地校・インター生と同じように、帰国生として扱ってくれる学校が増えてきました。

よかったですよね。^^

それなら留学生だって、帰国枠を使わせてほしいですよね?

ご紹介します。^^

・関西学院千里国際高校→ 募集要項に記載あり

※留学生が帰国枠で受験する場合、通常の合格基準と比べて難しくなります。

・同志社国際高校→ 募集要項に記載なし

※留学生が帰国枠で受験する場合は、A方式(現地校・インター生型)のみです。

・立命館宇治高校→ 募集要項に記載なし

※留学生の帰国枠入試は、通常のものと同じです。

上記の関西の附属校は、留学生も帰国子女枠で受験できます。

同国とRitsは、募集要項に留学生の帰国枠について書かれていませんが、大丈夫です。

入試担当の先生に確認してあるんですよ。^^

では関東や他の地域には、留学生が帰国枠で受験できる学校はないんでしょうか?

メルマガのお知らせです。

関東、およびその他の地域で、留学生に帰国子女枠受験を許可する高校について、配信します。

留学生のみなさんのお役に立ちたいと思います。^^

4月23日(水)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

では今日も笑顔の一日を!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

カテゴリー: 帰国子女枠入試資格について
単身留学生なので帰国生ではないけれど、帰国子女枠で受験をしたいと考えているみなさんにお伝えします。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック