9月編入試験の出願書類に、6月英検の結果は間に合わないので、別の資格を探している帰国生にお伝えします。

● 9月編入試験の出願書類に、6月英検の結果は間に合わないので、別の資格を探している帰国生にお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、帰国子女枠入試の出願書類の対策について、お伝えします。

帰国枠入試では、出願書類を重視する学校があります。

受験生の、海外でのがんばりを確認するためです。

たとえば、東京学芸大学附属国際中等教育や、国際基督教大学高校(ICU)などがそうです。

出願書類では、学校の成績、活動実績、そして資格などをアピールしますが、帰国生はは語学力でアピールしたいですよね。

ICUは、語学力が高いと、外国語検定試験結果証明書でアピールできますよ。

受験までに、英検の上位級などを、しっかり取っておきたいですよね。

ところが英検は年に3回しか実施されません。

しかも、上位級の準1級や1級は、ロンドン、ロサンゼルス、ニューヨークを除けば、日本でしか受験できません。

しかも次回の6月英検を受験したとしても、9月編入の出願に間に合わない学校が多いんですよね。

こういう場合は、TOEICでハイスコアを取って、アピールすると良いですよ。

TOEICは、多くの国で実施されています。

たとえばブラジルにも、TOEICの試験会場がたくさんありますよ。

・サンパウロ:57会場
・リオデジャネイロ:8会場
・マナウス:6会場

海外で受験するTOEICは、1週間から10日間ぐらいで結果が出ることが多いんですよ。

9月編入の出願は、5月末ぐらいから始まりますから、まだ間に合いますよね。

英語力の高さをアピールできるよう、がんばってくださいね。^^

なお、世界各国のTOEICの試験会場を知りたい場合は、検索エンジンで探されるか、私に聞いて下さったらいいですよ。

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

今回は、東京学芸大学国際中等教育の、2014年2月3日のディスカッションテーマについて、配信します。

4月20日(日)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

では今日も笑顔の一日を!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

カテゴリー: 自己PR作成について
9月編入試験の出願書類に、6月英検の結果は間に合わないので、別の資格を探している帰国生にお伝えします。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック