TOEFLのreadingがわからない場合、どうやって勉強をしたらよいかご存知ですか?

● TOEFLのreadingがわからない場合、どうやって勉強をしたらよいかご存知ですか?

子どもが帰国生となる皆様、海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、TOEFLでなかなかスコアを伸ばせない学生のための、スコアアップ方法についてお伝えします。

たとえば早稲田大学の国際教養学部でもそうですが、将来、留学が必須になる学部がありますよね。

その場合、TOEFLのスコアによって留学先が決まってくるので、スコアアップにいそしむことになると思います。

ところが受験英語は切り抜けられたのに、TOEFLでは、なかなかスコアを伸ばせないんですよね。

TOEFL攻略のポイントは、大学受験英語との違い、そして共通点を知ることです。

TOEFLは、reading、listening、speaking、writingの4つの能力を測るテストですが、この中でreading、listeningのテストだけは4択です。

ですから、readingと、listeningであれば、大学受験勉強の要領でスコアアップをできます。

ところで、readingも、listeningも、実際に取り組んでみると、使われている英文法は難しくないことに気がつきます。

では何が難しくて、どうやって勉強をしたら良いのか?

ではその勉強方法のひとつである、readingの長文の読み方について、8月10日のメルマガでお伝えします。

TOEFL、今は苦手でも、80点は目指しませんか?

8月10日の23:00までに、こちらから登録して、読んでみてくださいね。

カテゴリー: TOEFLスコアアップ
TOEFLのreadingがわからない場合、どうやって勉強をしたらよいかご存知ですか? はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック

帰国子女枠入試の講師陣