埼玉県川越女子高校に、前期選抜入試で合格した生徒の、インタビューです。Part1

● 埼玉県川越女子高校に、前期選抜入試で合格した生徒の、インタビューです。Part1 

駐在員の皆様、そしてこれから海外に駐在予定の日本の皆様。
   
海外駐在員専門コンサルタントの齊藤賢人です。

今回は、川越女子高校の校風ついて、お伝えします。

先日、Facebookを通じて、卒業生にインタビューをしましました。

そのときのチャットの内容を、公開します。

今回、ご紹介するのは埼玉県の、川越女子高校についてです。

最近は埼玉県も、私立校の人気が高くなっていますが、公立トップ高校の人気は依然として高いです。

そして、大学進学実績もかなり良いです。

インタビューに応じてくれた彼女の入試ときは、前期選抜と後期選抜に分けられていました。

そして彼女は前期選抜の、総合問題と面接試験を突破しています。

埼玉県の帰国子女高校入試では、面接試験が課せられるので、埼玉県に帰国予定の方は、参考になると思いますよ。

新しくなった、埼玉県公立高校帰国子女枠入試システムについては、下にリンクを貼っておきます。

齊藤:

ご無沙汰してます!

生徒:

お久しぶりです!

齊藤:

教育自習、いかがでしたか?

生徒:

すごい楽しかったですよ!

遠足や運動会などの行事も重なって、すごい充実してました。

齊藤:

何年生を、受け持ったんですか?

生徒:

4年生です。

齊藤:

期間はどのぐらいだったんですか?

生徒:

5月7日から、6月1日の4週間でした!

最初の1週間は、すごい長く感じましたが、2週目からは、あっという間にすぎていきました!

齊藤:

長かったですね!

いつから教育に関心があったんですか?

生徒:

教育に関心があったというか、幼稚園のころから、幼稚園の先生になりたいなと思ってました。

齊藤:

そうだったんですね!

今は、小学校の先生に?

生徒:

はい、そうですね。

本当は幼稚園と思っていたんですけど、いろいろあって今は小学校の先生を目指してます!

齊藤:

Yは、芯が強いから、先生に向いてますよ。

※Y・・・このインタビュー相手の名前です。

生徒:

ありがとうございます!

齊藤:

今の進路って、小さい頃からの夢もあったから、選んだと思うのですが、川女からの影響もありましたか?

※川女・・・川越女子高校のこと

生徒:

そうですね。

少なくとも国立大学に進んだのは、川女の影響があると思います。

国立を、学校からも推されていたし、友達も国立受験者が多かったです。

理系クラスにいたからというのも、あるかもしれませんが・・・。

※国立受験者が多い・・・下に川越女子高校の、大学進学実績を貼っておきます。

齊藤:

私は川女の学校見学に行ったとき、ワクワクしたんです。笑

学校の先生とは、30分ぐらいの面談だったのですが、良い学校だなと思いました。

生徒:

私も初めて見学に行ったとき、わくわくしました!

もうこの学校に通いたい!と、初めて行ったときから思いました。

桜並木を歩いているときから、思ってました。笑

齊藤:

Yは、川女のどんなところが好きでしたか?

生徒:

どんなところが好き・・・。

嫌いなところがないので、難しい質問ですね。笑

齊藤:

学校の良いところを、どんどん言ってください。

生徒:

えっと、まず本当に生徒が活発で、何事においてもパワフルでした。

行事も部活も勉強も、全てにおいて本気でしたね。

齊藤:

どんな風にパワフルでしたか?

生徒:

文化祭が一番校風が分かると思うんですが、本当に活気ある学校です。

各クラスで、出し物出したり、有志でミュージカルやったり、ファッションショーやったり、ゼロから作り上げていきました。

あと、外部の人は参加できないのですが、後夜祭は本当にすごいです!

ハッチという伝統の踊りがあるんですが、みんなでぶつかり合って楽しみます。笑

齊藤:

はい。

生徒:

もともと活発的な子から、もちろんおとなしい子までいろんなタイプの子がいるんですが、みんながみんな参加して、楽しめる空間が大好きでした。

齊藤:

最近、共学校が増えていますよね。

私は、男子校、女子校、共学校と、色々あっていいと思っています。

女子校で、良かったところは何ですか?

生徒:

素でいられるところですかね。

男の子の目とか、気にせず自由に過ごしてました。

齊藤:

はい。

生徒:

夏とかだと特に、人目気にせずスカートぱたぱたやったり、季節関わらずですが、早弁したり・・・。

齊藤:

男子校みたいです。笑

生徒:

そうなんです。

先生にも、教室が臭いとか、言われたり。笑

あとは、共学だとなんとなく、男子が仕切るってイメージありますけど。

女子高なんで、みんな自由に発言したり、リーダーシップとっていったりするところも良いなと、思ってました。

齊藤:

それは、いいですよね。

生徒:

男子がやるような仕事でも、全部女子がやるので、みんなたくましかったです

あ、ちなみに今、妹も川女なんです。

齊藤:

おお!

姉妹そろって優秀じゃないですか!

生徒:

ありがとうございます。

姉妹そろって、運良く川女に合格しました。笑

妹は同じバレー部なので、本当に私の高校時代を、そのまま過ごしているような感じみたいです。

齊藤:

Yは理系って言ってましたよね。

学校の授業はどんな感じでしたか?


Yさんの夢は、小学校の先生になることなんです。

自分の教え子が、同士になってくれるのは嬉しいですね。

とても楽しみです!

この会話の続きは、次回掲載しますね。

楽しみにしていてください。

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

第13回目の配信は、7月20日(金)の夜です。

記事の内容は、「各都道府県の、公立高校の帰国子女枠入試について」です。

私のメルマガを読んで、どんどん入試情報を入手していってくだいね。

海外駐在員のためのメルマガ購読はこちらから!

最後にもう一つお知らせします。

来月、8月に一時帰国をします。

めったに日本に帰れないので、この機会に、いつもブログを読んでくださっているあなたと、ぜひお会いしたいです。

横浜のグルメバーガーレストラン、ココチさんに、いらっしゃいませんか?

美味しいハンバーガーを食べてと、色々なお話をして、楽しいお盆を過ごしましょう。

日本の夏と、皆さんにお会いできることを、楽しみにしています。

『第1回オフ会』のお知らせは、コチラから!

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。      

では今日も笑顔の一日を!

『埼玉県公立高校帰国子女枠入試を利用する方に、お知らせします。』の記事は、こちらから!

川越女子高校の大学進学実績は、こちらから!

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック