海外から、帰国子女枠で中学受験を考えている方に、お伝えします。

海外から、帰国子女枠で中学受験を考えている方に、お伝えします。

駐在員の皆様、そしてこれから海外に駐在予定の日本の皆様。
   
海外駐在員専門コンサルタントの齊藤賢人です。

今回は、海外からの、帰国子女枠を使った、中学受験について、お伝えします。

海外駐在期間が2年以上になると、帰国子女枠入試を実施する、ほとんどの学校の受験資格を、得られるようになります。

ですから、このアドバンテージを利用したいとお考えのご家庭が多いようです。

その場合、ケースは2つあります。

1、小学校を卒業したら、本帰国するため、帰国子女枠を使って、子どもを中学受験をさせる

2、駐在が続く限り海外にいるが、もし小6の終わりで本帰国になるなら、帰国子女枠を使って、子どもをどこかの中学に入れたい

そして、もっともご相談が多いのは、2のケースです。

たとえば、海外在学期間が2年以上の場合、帰国後1年経ってしまうと、帰国子女の資格がなくなってしまいます。

帰国子女枠は、有利な条件となりますから、資格がなくなる前に、どこかの私立、または国立中学に入学させてしまいたいというわけです。

特に、日本人学校に通っていた場合は、英語や、現地の言葉が流暢に話せるわけではないことが多いので、この帰国子女認定の存在は、大きいんですよね。

この気持ちは、非常によくわかります。

ですから、ひとまず、受験をさせてみるのは、マルだと思います。

ただ、実際に入学させるかどうかは、冷静に考えられたほうがいいですよ。

なぜか?

主な理由は3つあります。

1、帰国子女枠入試で、門戸を開いてくれている中学が少ないこと

高校に比べると、圧倒的に数が少ないです。

数が少ない中で、無理に選択して、学校が合わなかった場合は、大変です。

2、インター、現地校に通っていた生徒を対象としている学校が多いこと

帰国子女を積極的に受け入れている中学は、インターっぽい学校が多いです。

日本に帰国後も、そういう学校を必要としている場合は、いいと思います。

3、入学後、学校の勉強についていけない可能性があること

帰国直前に思い立って、帰国子女枠受験をする場合は、たいていは中学受験の勉強をしていないことが多いです。

それでも帰国子女枠を使うと、合格できることが結構あります。

ただしその場合、一般入試で合格してきた生徒に比べると、学力にかなり差がある場合が多いです。

ですから、勉強に追いつくために、かなり補習を受けたり、通塾したりする場合があります。

この3点を考慮した上で、入学させるかどうかを、ご判断ください。

そして、子どもが日本人学校に通っている場合は特に、中学受験の帰国子女枠を、「使い勝手の悪い割引クーポン」ぐらいに考えておいた方が良いですよ。

受けたい中学校に帰国子女枠がない場合、そして、帰国子女認定が有効に使いこなせない場合、帰国子女資格を、無理に使う必要はないんです。

もし、本帰国が急に決まった、あるいは決まりそうな状況にあって、帰国子女枠で中学受験をするかどうかを悩んでいる場合は、私がご相談に乗ることができます。

こちらから、ご連絡ください。

それでは無料メールマガジンを、ご紹介します。

第5回目の配信は、5月25日(金)の夜です。

記事の内容は、

『気づかいの自己PR、合致PRの書き方』です。

もし、国立系の附属校、あるいは面接も重視される私立校で合格したい場合は、私のメルマガを読むと良いですよ。

人前で話すのが苦手でも、メルマガのアドバイスを守れば、上達します。

海外駐在員のためのメルマガ購読はこちらから!

話は変わって、マレーシアに駐在している方、あるいはこれから駐在予定の方にご連絡です。

にゃん母さんのブログで、クアラルンプールの情報を入手することができますよ。

2012年5月21日の記事は、クアラルンプール市内のブキッ・ビンタンエリアについて書いてくれています。

現地の情報は、駐在員の方に聞くのが一番ですよね。

にゃん母さんのクアラルンプール情報はこちらから!

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。      

では今日も笑顔の一日を!

もう一つのブログ、クレーム・苦情の対応方法についてお伝えします。

今回は、話をコロコロ変えてしまう方への対応方法に向ついて、書いています。

クレーム・苦情を解決する方法を、楽しく解決できるよう、お手伝いしますよ。

クレーム・苦情対応が上手になりたい方はこちらから!

帰国子女枠入試受験に必要な、自己PRの添削サービス、面接練習サービスを承ります。
togethereverybodyachievesmore@hotmail.co.jp 
まで、お問い合わせください。
カテゴリー: 帰国子女枠入試資格について
海外から、帰国子女枠で中学受験を考えている方に、お伝えします。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック

帰国子女枠入試の講師陣