攻玉社中学の、2017年度帰国子女枠入試面接試験内容ついてお伝えします。

● 攻玉社中学の、2017年度帰国子女枠入試面接試験内容ついてお伝えします。

2018年度、甲南女子中学の帰国子女枠編入試験が、2018年7月15日(日)に行われます。

・募集学年: 中1、中3
・出願期間: 6月18日(月)~22日(金)
・試験科目: 国語、数学、英語(各50分 各100点満点)、面接試験(個人)

甲南女子は帰国枠入試を行っていませんが、帰国枠編入試験は行っています。^^

甲南女子中学高校は、甲南女子大学の附属校です。

しかし卒業生の4分の1が国公立大学に進学する進学校でもあります。

関関同立大学への指定校推薦枠も37名分あるんですよ。^^

さて今回は、攻玉社中学の、2017年度帰国子女枠入試の面接試験内容ついて、お伝えします。

2017年1月12日(木)に行われた試験内容です。

合格した生徒さんに教えてもらったんですよ。^^

齊藤先生、攻玉社の面接試験内容を報告します。

作文内容から質問されたので、練習通りに面接に臨めたそうです。

作文の作成と添削をしていただき、本当にありがとうございました。

・面接試験(親子 10~15分程度)

1、受験生への質問(日本語)

・今日の試験の出来はいかがでしたか?

・出願時に提出したプリエッセイの内容について説明してください

・最初の国から、次の国へ引っ越して大変だったことは何ですか?

・海外での友達付き合い方について教えてください

2、保護者への質問(日本語)

・どのようにして攻玉社の国際学級について知りましたか?

・海外から日本へ戻ってきたときに、お子さんの生活において注意、苦労されたことを教えてください

3、受験生への質問(英語)

・What would you like to do in our school, Kogyokusya?

・What is your strong point?

・What is the difference between Japan and overseas?

・What do you want to become in the future?

・出願時に提出したプリエッセイの内容について説明してください

この質問について補足説明をします。

攻玉社中学の帰国枠入試では、出願時に作文も提出します。

・海外生活で一番心に残ったこと(300字以上400字以内)

面接試験では、この作文からも質問がされます。

ですから、バッチリな自己アピールとなるように作文を準備すると良いですよね。

攻玉社中学帰国枠入試(英語型)の、過去3年間の合格最低点についてです。※真ん中までスクロールされると、過去3ヵ年の入試データが出てきます。

・2018年度合格最低点48点(合格者平均点48.6点)
・2017年度合格最低点49点(合格者平均点53点)
・2016年度合格最低点69点(合格者平均点64.4点)

攻玉社の英語試験は難しいので、例年、平均点が低いです。

2018年度と2017年度の英語合格最低点を見てみると、合格者平均点以下であることがわかります。

それでも合格できているということは、面接試験の結果と合わせて、総合的に判断してもらえているということですよね。

攻玉社を受験するみなさん、英語も面接試験も、頑張ってくださいね。^^

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

帰国子女枠入試の願書、作文エッセイ、面接試験に役立つ書籍について、お伝えします。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

7月15日(日)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック