渋谷教育学園渋谷中学の、帰国子女枠編入試験の英語取り出しコースと一般英語コースについて、お伝えします。

● 渋谷教育学園渋谷中学の、帰国子女枠編入試験の英語取り出しコースと一般英語コースについて、お伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

2019年度、早稲田渋谷シンガポール校の帰国子女枠入試が、12月1日(土)に行われます。

・出願期間: 10月29日(月)~11月9日(金)
・試験会場: 東京、シンガポール、ジャカルタ、クアラルンプール、バンコク、ホーチミン、香港、台北、北京、上海
・試験内容: 国数英(各50分 各100点満点)、面接試験

早稲田渋谷シンガポールは、早稲田大学の系属校で、早稲田大学の推薦枠が年々増えています。

現在は、学年人数100名程度に対して78名分もの推薦枠があります。

早稲田渋谷シンガポールからも、早稲田大学に進学することができますよ。

早稲田渋谷シンガポールを受験するみなさん、勉強をがんばってくださいね!^^

さて今回は、渋谷教育学園渋谷中学の、帰国子女枠編入試験について、お伝えします。

渋谷教育学園渋谷中学は、毎年、帰国枠編入試験を行っています。

学校のHPにはアップされませんが、実施しています。^^

入試担当の先生に、詳細について教えていただきました。

その内容を公開しますね。^^

まず、帰国枠編入試験の実施時期についてです。

7月、12月、3月に、原則、すべての学年対象に実施されています。

ただし、中学3年生の3月編入試験、高校3年生の12月と3月の編入試験は行いません。

2018年度帰国枠9月編入試験日は、7月6日(金)でした。

次に、受験資格です。

・過去に渋谷教育学園渋谷中学を受験していないこと
・海外在留は家族での移住であること

この2つが条件となります。

つまり、単身留学生は対象となりません。

最近の海外駐在や海外在住には、様々なパターンがあると思います。

受験資格の有無を明確にされたい場合は、学校に確認してくださいね。

そして、渋谷教育学園渋谷の帰国枠編入試験の学科試験は2種類あります。

・英語取り出しコース: 海外在留期間が2年以上の帰国生
・一般英語コース

どの学年も試験科目は英数国の3教科ですが、英語試験のみ、コースによって異なります。

出題範囲は、渋谷教育学園渋谷の同学年の生徒が履修した内容が出題範囲となります。

公立校よりも、進度はかなり早いです。

編入試験の合否は、入学後に授業についていけるかどうかが基準になります。

高校生の帰国編入試験も実施していますが、進度が早く、試験内容も難しいので、なかなか合格できていません。

帰国枠編入試験内容について、詳しくお伝えします。

1、英語

英語取り出しコースの英語試験は、試験時間は60分間です。

エッセイ、語彙に関する問題、長文読解などが出題され、帰国枠中学入試の英語の形式と似ています。

また、英語の面接試験も行います。

一般英語コースの場合も、試験時間は60分間です。

渋谷教育学園渋谷の中学1年から3年で使用している教科書は、センゲージ・ラーニング社のTime Zonesです。

こちらは、文部化科学省検定教科書ではなく、海外のテキストです。

Time Zonesの1と2が中学分野に該当します。

この教科書を基に、一般英語コースの試験問題が作成されます。

英語取り出しコースの英語試験ほどは、難しくありません。

2、数学

数学は中学2年の2学期終了の時点で、中学分野がほぼ終わります。

中学1年~中学2年の2学期までに、数研出版の体系数学(代数1、代数2、幾何1、幾何2)を履修します。

中学3年の9月編入試験の場合、試験範囲は数Iのすべて、数IIの式と証明分野、 数Aの場合の数と確率分野となります。

3、国語

国語も文部科学省検定教科書ではなく、オリジナルの教材を使って授業を進めています。

中学1年から、現代文、古文と漢文を履修しています。

しかし帰国生は、現代文がしっかりできていれば良いです。

渋渋の先生から、かなり詳しく教えていただけました。^^

渋渋では中学2年の2学期までに、中学数学を終えるそうです。

つまりそれ以降の編入試験には、高校数学も出題されるということです。

渋渋の編入試験合格を目指すのであれば、試験範囲の狭い中学1年を狙った方が良いですよね。

そして英語一般クラスで使用されている、センゲージ・ラーニング社のTime Zonesは、こちらです。

英語一般クラスで使用されている、センゲージ・ラーニング社のTime Zones

文部科学省検定の英語教科書と比べると、かなりハイレベルです。

Amazonで購入することができますよ。^^

帰国枠編入試験についてご質問がある場合は、齊藤までご連絡くださいね。

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

今回は、頌栄女子学院中学の、2018年度帰国子女枠12月入試の英語エッセイテーマについてお伝えします。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

9月20日(木)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック