埼玉大学教育学部附属中学の帰国枠編入試験は、本帰国の時期に合わせて受けることができます。

● 埼玉大学教育学部附属中学の帰国枠編入試験は、本帰国の時期に合わせて受けることができます。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、埼玉大学附属中学の、帰国子女枠編入試験についてお伝えします。

編入試験が行われる時期です。

・4月編入→ 1月~2月
・9月編入→ 6月~7月
・1月編入→ 12月~1月
 
※1月編入試験の実施校は、かなり少ない

通常は、新学期が始まる数か月前に行われます。

編入の募集人数が一番多いのは、4月編入です。

ですから、もし3月ぐらいに本帰国が確定していて、編入を希望している場合は、そろそろ準備を始めた方がいいですね。

ところで、帰任は確定しているけれど、どの時期で日本に戻るかわからないことも珍しくありませんよね。

・来年の3月から6月ぐらいに、本帰国

こんな風に、本帰国の時期がアバウトだと、編入試験の準備が始められなくて困りますよね。

そこで、おススメです。

埼玉大学教育学部附属中学であれば、欠員がある限り、本帰国の時期にあわせて、編入試験を実施してくれますよ。

埼玉大学教育学部附属の帰国生の定員は、15名です。

つまり15名の枠が空いている限り、出願すれば、編入試験を行ってもらえます。

たとえば今年、2013年度の場合、GWの後に、編入試験が行なわれたそうです。

そして2013年度、9月時点での欠員状況です。

・中1→ あと女子2名
・中2→ あと女子3名

このようになっています。

埼玉大学教育学部附属中学の通学区内に住む予定であれば、ぜひチャレンジしてみてくださいね。^^

ちなみに編入試験には、作文と面接があるんですよ。

もし作文や面接に不安がある場合は、メールでご連絡くださいね。

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

第128回目の配信は、啓林館のELEMENT English Readingの長文和訳についてです。

この教科書を使っている学校、結構ありますよね。

たとえば、早稲田渋谷シンガポールの高3でも使っていますよね。

9月11日(水)の24:00までに登録して、参考にしてくださいね。 

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

では今日も笑顔の一日を!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック