南山国際高校の、2015年度7月8日実施の、編入試験の面接試験内容をお伝えします。

● 南山国際高校の、2015年度7月8日実施の、編入試験の面接試験内容をお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

南山国際高校の、2015年度7月8日実施の、編入試験の面接試験内容をお伝えします。

南山国際は、2022年度末をもって閉校することが決まりました。

南山国際高校は、作文・エッセイで受験できる学校です。

ですから、愛知県に本帰国をする現地校生・インター生にとって、閉校はとても残念ですよね。

しかし、編入募集はしばらく続けてくれるそうですよ。^^

では、南山国際高校の編入試験内容を確認してみましょう。

・高校編入試験内容

小論文Ⅰ(文系内容):時事問題に関する小論文

小論文Ⅱ(理系内容):説明を読んで、その内容を把握・分析できているかを確認する試験(ゲームのルールなどを、シンプルに説明できるかどうか)

面接(親子):受験生は日本語と英語、両方で質問

南山国際は、過去問題を公開していないので困りますよね。

そこで、2015年度7月8日に実施された、編入試験の面接試験内容を公開しますね。^^

・面接試験: 親子 15分程度

1、受験生への質問

・今日の試験はできましたか?
・海外には何年住んでいましたか?
・海外で苦労したことは何ですか?
・通っていた補習校はどんな学校でしたか?
・海外で部活動は何をやっていましたか?
・長所と短所を教えてください。
・趣味を教えてください。
・南山国際について、知っていることはありますか?
・南山国際に入ったら、何を学びたいですか?
・南山国際に友人や知り合いはいますか?

2、保護者への面接

・お子さんの現地校での様子はいかがでしたか?
・海外でお子さんを育てる際、苦労したことは何ですか?
・お子さんの長所と短所を教えてください。
・将来、お子さんにはどのように成長してもらいたいですか?
・南山国際のことをどのようにして知りましたか?
・南山国際までの通学方法と通学時間を教えてください。

受験生と保護者、双方に聞いている内容がありますね。

同じ質問なのに、親子の回答が大きくズレていたらマズイですよね。

双方に聞かれそうな質問は、内容を打ち合わせておいてくださいね。

ではメルマガのお知らせです。

今回は、2015年度7月8日に実施された、編入試験の小論文内容について、お伝えします。

12月20(日)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック

新着情報