東京学芸国際中等教育学校の、2015年度、9月編入試験のディスカッションのテーマをお伝えします。

● 東京学芸国際中等教育学校の、2015年度、9月編入試験のディスカッションのテーマをお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

愛知淑徳中学の帰国枠編入試験の合格発表が、12月21日(月)にありました。

スカイプレッスン受講生が、無事合格しました!^^

担当は、北海道大学薬学部の平塚先生です。

平塚先生

「英語は高校レベルまであって難しかったようですが、平塚先生のご指導のおかげで合格できました」

結果発表後、すぐにご連絡をしてくださったんですよ。^^

2016年度、桐光中学の帰国子女枠入試が、1月4日(月)に行われます。

・出願期間: 12月11日(金)~25日(金)
・試験内容: 国語・算数・英語から選択した2科目(各80分 各100点満点)、面接試験

桐光の帰国枠入試の応募状況です。

・2015年度男子受験者81名: 合格者64名
・2015年度女子受験者23名: 合格者20名

・2014年度男子受験者71名: 合格者62名
・2014年度女子受験者25名: 合格者21名

・2013年度男子受験者75名: 合格者63名
・2013年度女子受験者31名: 合格者26名

ちゃんと勉強をしていたら、合格を狙えますよね。

桐光中学の帰国枠入試を受験するみなさん、勉強をがんばってくださいね。

さて今回は、東京学芸国際中等教育の帰国子女枠編入試験について、お伝えします。

2015年度、東京学芸国際中等教育の9月編入試験が、7月3日(金)に行われました。

9月編入試験の試験内容は、

・出願書類: 100点
・外国語エッセイ: 85点
・日本語作文: 15点
・面接試験(1分間プレゼンテーション、10分~20分間グループディスカッション): 50点

合計: 250点満点

上記のようになっています。

エッセイはとても重要ですが、実は願書で100点分もあるんですよね。

願書、バッチリ準備をしてくださいね。

9月編入試験のディスカッションテーマは以下の内容でした。

・最近、海外の大学に進学する学生が増えています。そのことについて、みなさんはどう思いますか?

学芸国際を受験するみなさん、面接対策もバッチリ行ってくださいね。

ではメルマガのお知らせです。

今回は、2015年度、東京学芸国際中等教育学校9月編入試験のディスカッションの模範解答について、お伝えします。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

本日、2016年度、1月1日(金)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック