渋谷教育学園幕張高校の、2016年度帰国子女枠編入試験の面接試験内容をお伝えします。

● 渋谷教育学園幕張高校の、2016年度帰国子女枠編入試験の面接試験内容をお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

駒澤大学の合格発表が、3月13日(日)にありました。

スカイプレッスン受講生、見事、駒澤大学法学部に合格です!

スカイプレッスンでは、大学の一般入試対策も行っています。

担当は、北海道大学医学部の小川先生です。

北海道大学医学部の小川先生

小川先生は、東京大学英文科を経て、そして、北大医学部に合格しています。

ですから、文系科目、理系科目、どちらも完璧に指導できます。

特に、理系で英語が苦手な生徒さんに、英語を教えるのが上手なんですよ。^^

駒澤大学法学部に合格されたのは、こちらのお母様のお子さんです。

さて今回は、渋谷幕張高校の、2016年度帰国子女枠編入試験の面接試験内容をお伝えします。

2016年1月20日に行われた面接試験の内容です。

合格した生徒さんに教えてもらったんですよ、参考にしてみてくださいね。^^

1、日本語個人面接(5分程度、面接官2名)

・雑談で開始
・海外で9年間と長く過ごされていますが、頭の中では、日本語、英語、どちらで考えますか?
・将来の夢を教えてください

2、違う部屋に連れて行かれて観察(数分)

・先生たちがやってきて、受験生と話す
・みんなで話す

※受験生をリラックスするためかもしれないが、ここでの態度や、周りの人たちと積極的に話せる人か、挨拶がきちっとできているのか、などを見ていた気がする。(横でメモをしている先生がいたので)

3.英語グループ面接 (5分程度 4対4)

・滞在国のどの都市、どの地域に住んでいたか教えてください
・興味がある小説を教えてください
・フィクションに興味はありますか?
・他に趣味があれば教えてください
・習い事をされていましたか、その習い事は役に立ちましたか?
・学校に対して、何かご質問はありませんか?

志望理由や、これまで頑張ってきたことなど、準備していた質問について、ほとんど聞かれなかったようです。

想定外の質問に慌てたようですが、最後まで試験管が話しを聞いてくれていたので、「もしかしたら」と、思ったそうです。

これまで行われた渋幕の面接試験内容を見ると、「雑談をできるかどうか」「雑談を楽しめるかどうか」も重要なようです。

渋谷幕張高校の帰国枠入試を受験するみなさん、がんばってくださいね。^^

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

大阪府公立高校帰国子女枠入試に出願する際の自己申告書の書き方についてお伝えします。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

面接試験は自己申告書に基づいて行われるので重要ですよね。

4月7日(木)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック