エッセイでケアレスミスを多発してしまう、現地校・インターに通っている生徒さんにお伝えします。

● エッセイでケアレスミスを多発してしまう、現地校・インターに通っている生徒さんにお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、ケアレスミスをなくすためのテキストについて、お伝えします。

現地校やインターでは、小学校の低学年から、エッセイをたくさん書きますよね。

学校ではユニークな内容が評価されますから、国際校に通う生徒さんたちのエッセイは、面白いと思うことが多いです。

一方で国際校では、エッセイは、あまりていねいに添削されないんですよね。

ですから生徒さんは、大胆に文法を間違えていることも多いです。

・ピリオドを忘れる
・固有名詞を小文字で書く
・冠詞が抜ける
・be動詞はいつもisで書いてしまう
・複数形のsやesが抜ける

こういう初歩的なケアレスミスも、けっこう多いです。

・エッセイの内容はユニークなのでマル
・でも文法間違いやケアレスミスが多い

このままだと、帰国子女枠入試では、ザンネンな結果になってしまうので、文法を正しく学び、ケアレスミスをなくす練習をしませんか。

まずはケアレスミスをなくすテキストを、ご紹介します。

理社出版の『英語 1・2年の復習』です。

1・2年の復習 英語/理社出版

¥670
Amazon.co.jp

・演習量が多い
・解答が見やすい
・基本的な内容なのでスラスラ解ける
・amazonから買えるので、海外でもOK
・しかも安い!

ケアレスミスをなくす練習ですから、カンタンな内容でOKなんですよ。

基本的な内容を、ゼッタイに間違わないで書けるようになることが大事です。

そしてこのテキストの一番良いところは、解答が見やすいんです。

通常テキストの解答は、別紙に、解答だけがダーッと小さく書かれているので、マルつけをするときかなり見にくいんですよね。

このテキストの解答は、問題にそのまま答えを書き込んでくれています。

・最初の見開きは問題
・次の見開きは、その問題がコピーされていて、解答が書込み

答えを探さなくてもいいので、カンタンにマルつけができて便利ですよ。

ぜひ使ってみてください。

ところで『英語 1・2年の復習』は、使い方にコツがあります。

そのまま使っては、効果が半減です。

そこで、英語でケアレスミスをなくすための勉強方法を、メルマガで配信します。

29日(金)の24:00に配信しますので、登録をしておいてくださいね。

さらに、バッチリな英文法テキストのご紹介も、メルマガから配信しますよ。

こちらは、もうひとつのメルマガ、メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』から、お伝えします。

こちらは31日(日)の24:00です。

ぜひ、2つのメルマガを読んで、文法を正しく学び、ケアレスミスをなくしてくださいね。

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。      

では今日も笑顔の一日を!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

カテゴリー: 参考書について
エッセイでケアレスミスを多発してしまう、現地校・インターに通っている生徒さんにお伝えします。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック