京都教育大学教育学部附属桃山中学校を受験する、帰国生のみなさんにお伝えします。

● 京都教育大学教育学部附属桃山中学校を受験する、帰国生のみなさんにお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、京都教育大学教育学部附属桃山中学校の帰国子女枠入試について、お伝えします。

2014年度、京都教育大学教育学部附属桃山中学校の帰国子女枠入試が、1月11日(土)に行われました。

この学校も、帰国枠情報がほとんどないので、お困りではありませんか?

まず、募集要項を確認してみましょう。

・受験資格

出願資格を満たした上で、

・11月以降に行われる学校説明会にお子さんと参加する
・11月以降にお子さんと学校訪問する

学校に行って、帰国枠の資格審査を受けて、直接、願書をもらう必要があります。

・選考方法

1、学科試験(国算)→ 各40分、日本人学校で使用する教科書範囲から出題
2、作 文(日本語による記述)→ 30分で800字程度(原稿用紙2枚)
3、面 接(個人)

教科書準拠問題集で、勉強をしておけば大丈夫だそうです。

・作文について

海外生活を通して身についたこと、得られたことについて、出題されます。

過去に出題されたテーマです。

・海外生活から、学んだことについて
・海外生活で、一番思い出に残っていることについて
・滞在国の良いところについて

・面接について

滞在国のことについて、以下のような内容について、詳しく聞かれるそうです。

・住んでいた地域の様子について
・通っていた学校について
・楽しかった思い出について
・住んでいた国と日本の違いについて
・志望理由
・入学後は何をがんばりたいか

海外での経験を、作文と面接で、ちゃんと表現で来たら大丈夫ですよね。^^

最後に、京都大学教育学部附属桃山中学校の、過去の入試結果についてです。※定員は15名

2013年度、入試結果
・受験者5名→ 合格者5名

2012年度、入試結果
・受験者15名→ 合格者15名

2011年度、入試結果
・受験者15名→ 合格者15名

この学校は人気校で、一般入試では、競争率が4倍前後になります。

でも帰国枠は、定員を超える受験者がいなければ、大丈夫そうですね。

では具体的に、どのようにして、京教大附属桃山中学の受験準備をしていけば良いのでしょうか。

メルマガのお知らせです。

京都教育大学附属桃山中学校の帰国子女枠入試対策について、お伝えします。

後ほど、こちらのメルマガから配信いたしますね。^^/a>

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

では今日も笑顔の一日を!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

カテゴリー: 帰国枠入試情報
京都教育大学教育学部附属桃山中学校を受験する、帰国生のみなさんにお伝えします。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック