大阪教育大学附属池田高校の、国際枠入試(帰国枠入試)の面接とグループ活動の内容をお伝えします。

● 大阪教育大学附属池田高校の、国際枠入試(帰国枠入試)の面接とグループ活動の内容をお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

2015年度、大阪教育大学附属池田高校の国際枠入試(帰国子女枠入試)が、2月10日(火)に行われます。

募集要項を確認してみましょう。

・募集人数: 8名

・学科試験: 国数英の3教科(60分×3 英語はリスニングを含む)

※一般入試と同日になりますので、一般入試と試験問題が同じとなります。

・面接試験: 個人面接、グループ活動(ディスカッション)

募集要項にも書かれていますが、学力検査の結果・面接・グループ活動および調査書の内容を総合して合否が判定されます。

学科試験の対策は、過去問題で行うことができます。

大阪教育大学附属高等学校池田校舎 2015年度受験用 赤本 148 (高校別入試対策シリーズ)/英俊社

¥2,808
Amazon.co.jp

でも池附の面接試験は、なかなか情報が得られなくてお困りかもしれませんね。

そこで個人面接、グループ活動(ディスカッション)の内容を公開します。

合格した生徒さんから、教えてもらったんですよ。^^

個人面接の内容

・志望理由
・あなたが暮らしていた海外の環境(学校なども含む)の、良かったところを教えて下さい。
・海外に住んだことで、自分はどのように変わったと思いますか?
・帰国子女として、学校のために何ができますか?

ループ活動(ディスカッション)内容

・人数: 5~6人
・テーマ: 日本と海外の医療の違いについて、海外の病院の良いことと悪いこと

個人面接の質問も、ディスカッションも、なかなか難しいですよね・・・。

大阪教育大学附属池田高校を受験する帰国生のみなさん。

勉強、がんばってくださいね。

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

今回は、啓明学院中学の帰国子女枠入試の作文のお手本を、お伝えします。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

本日、11月6日(木)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

では今日も笑顔の一日を!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

各種サービスに関する詳しい情報やお申込み、お問い合わせはこちらからどうぞ

帰国子女枠入試の講師陣