立教池袋中学の、帰国子女枠入試(帰国児童入学試験)日本語作文テーマ過去5年分をお伝えします。

● 立教池袋中学の、帰国子女枠入試(帰国児童入学試験)日本語作文テーマ過去5年分をお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

2017年度、芝浦工業大学高校の帰国子女枠入試が、11月27日(日)に行われます。

・出願期間: 2016年11月10日(木)~18日(金)

・試験科目: 国数(各40分 各100点満点)、英語(50分 100点満点)、面接試験(親子 10分程度)

芝浦工大は理系の学校です。

ですから帰国枠入試でも、数学を重視しています。

そして国語では、作文も出題されます。

・2016年度作文テーマ: 海外生活で得たもの(800字)

作文の練習もしておいてくださいね。^^

さて今回は、立教池袋中学の帰国子女枠入試について、お伝えします。

2017年度、立教池袋中学の帰国子女枠入試が、12月3日(土)に行われます。

募集要項を確認してみましょう。

・出願期間: 平成28年11月8日(火)~14日(月)
・試験内容: 国語(80分 100点満点)、算数(50分 100点満点)、個人面接試験(5分~10分程度)、グループ面接試験(15分程度)

立教池袋中学の帰国枠入試問題は非公開となっています。

ですから合格した生徒さんから、入試内容を教えてもらいました。

まず、国語(80分間)の内訳についてです。

・50分間: 国語の問題
・30分間: 日本語作文(600字程度)

きっと、作文の練習をしておきたいですよね?

過去5年間分のテーマを、お伝えします。^^

・2016年度: 滞在国や滞在地域を離れて
・2015年度: 滞在国や滞在地域の中の私
・2014年度: 滞在国や滞在地域での喜び
・2013年度: 滞在国や滞在地域で学んだこと
・2012年度: 滞在国や滞在地域の思い出と、今願うこと

海外経験に基づくテーマなので、準備がしやすいですよね。^^

次に、面接試験についてです。

・個人面接: 原則、願書に記載された内容に基づいて質問される
・グループ面接: 原則、願書に関連しない内容について質問される(挙手して回答)

つまり個人面接とグループ面接、それぞれの対策を行う必要があります。

しかも願書から考える必要がありますよね。

立教池袋を受験する帰国生のみなさん、勉強をがんばってくださいね。^^

ではメルマガのお知らせです。

今回は、立教池袋中学の帰国子女枠入試の面接対策について、お伝えします。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

11月10日(木)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック