海外駐在歴が1年であっても、3教科で受験できる東京都内の帰国枠編入試験実施中学校をお伝えします。

● 海外駐在歴が1年であっても、3教科で受験できる東京都内の帰国枠編入試験実施中学校をお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

海外駐在歴が1年であっても、3教科で受験できる東京都内の帰国枠編入試験実施中学校をお伝えします。

海外に転勤することが決まった場合、通常、長期間で海外に駐在されることが多いと思います。

しかし最近は、1年間だけの海外駐在も珍しくないようです。

また、海外赴任をされたものの、お子さんが日本人学校や、現地校・インター校に馴染めなかったり、ご家族が海外の環境が合わなかったりして。

短期間の駐在で、やむなくご家族だけが本帰国されることもあると思います。

海外駐在が短期間となった場合、帰国枠で受験できるかどうか、ご心配ですよね。

たとえば、1年間しか海外に駐在していないけれど、私立校に編入したい場合、どの学校が編入試験行ってくれるかわからないと思います。

そこで、海外駐在が1年以上であれば受験できる、東京都内の帰国枠編入試験実施校をご紹介します。

日本人学校生が対策しやすく、馴染みやすい、3教科で受験できる共学校にいたしました。

入試担当の先生に確認してあります。^^

1年間の海外駐在でも受験できる学校が、意外とたくさんありますよね。

9月編入試験日が確定している学校は日程も記載しましたので、参考にしてみてくださいね。^^

・かえつ有明中学 7月3日(火)

・城西大学附属城西中学 7月5日(木)

・目白研心中学 7月6日(月)

・穎明館中学 7月7日(土)

・宝仙学園中学共学部理数インター 7月7日(土)

・桜美林中学 7月11日(水)※HPには掲載されていません

・明法中学 7月19日(木)

・広尾学園中学本科コース、医進サイエンスコース 7月23日(月)

・啓明学園中学 随時

・聖徳学園中学 随時

・文化学園大学杉並中学 随時

・工学院大学附属中学

・国学院大学附属久我山中学

・実践中学

・淑徳巣鴨中学

・順天中学

・青稜中学

・帝京中学

編入試験の難易度は、学校によって異なります。

帰国子女枠編入試験についてさらに詳しくお知りになりたい場合は、齊藤までご連絡くださいね。^^

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

今回は、同志社国際高校の帰国生徒特別推薦自己推薦書の書き方について、お伝えします。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

・本校に入学を希望する理由

・自分の人物像を客観的に見た「自己アピール」

・今までに力を入れた学習活動、課外活動、社会活動などについて

・高校入学後に取り組みたいと思っていること

自己推薦書内の上記4つはとても重要です。

本日、6月4日(月)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック