慶應義塾高校に、帰国子女枠入試で合格した生徒のインタビューです。Part2

● 慶應義塾高校に、帰国子女枠入試で合格した生徒のインタビューです。Part2

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、慶應大学生の就職活動について、お伝えします。

この記事は、前回の『慶應義塾高校に、帰国子女枠入試で合格した生徒のインタビューです。』の、続編となります。

まだ読まれていない方は、下にリンクを貼っておきますので、あわせて読んでください。

※齊藤のセリフは太字、生徒さんのセリフは細字です。

齊藤:

そういう会社で働きたいと思ったのは、大学生活で、感じたことがあったんですか?

就活の前に、色々考えて、今のような志望動機に至ったのだと思いますが。

生徒さん:

最初は、まったくありませんでしたね。

でも、去年の夏に、現在の内定先にインターンに行ったんです。

それがこの業界との出会いでした。

その後、面白そうだと思ってIT業界を調べ回りました。

そこで出会ったのがDeNAの南場智子でした。

「最速で世界一をとれる市場がここにある」

その言葉で、僕はIT業界に決めました。

私も、そちらの社長さんや、南場さんのことについて、書籍や雑誌を読むようになったのが、ここ数年なんですよね。

実際、アメブロも始めてますし。

何かに引っ張られているのかもしれません。笑

そうなんですね。

やっぱりすごいですよ。

真の成功者なのにおごりがない。

今でも、誰よりも、向上心を持っている人たちだと思います。

そうですね!

ぜひこのまま、よろしくお願いします!

こちらこそ、よろしくです。

就活でそういう巡り合いがあったということは、やっぱりあなたに、そういう素地があったってことだと思うんです。

高校生活も、中学生活も、今につながっているはずですから。

そうですね。

今も昔も、自分ありきで生きてきましたから。

もしかしたら、この業界を選んだ本当の理由は、自分が好きだからの一言に尽きるのかもしれません。

自分が好きとは?

中学のときは、ムードメーカーでしたよね、塾では。

そうでしたか?笑

やっぱり、「すべては自分のために」という考えがあるのだと思います。

自分が好きなことをやりたい。

自分の思った通りにしたい。

その考えのためなら努力できるのだと思います。

なるほど。

中3の受験のときも、そうやって思えたから、努力できたんですね?

確か中3からは本気でやりますって、言ってましたね。

そのときから、慶應が志望校だったんですか?

次回は、受験校の選択について、お伝えします。

楽しみにしていてくださいね。

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

今回は、2009年度以前の、頌栄女子の英語エッセイのテーマと、書き方をメルマガから配信します。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

5月19日(日)の、日本時間24:00までに、こちらから登録して、受け取ってくださいね。

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。      

では今日も笑顔の一日を!

『慶應義塾高校に、帰国子女枠入試で合格した生徒のインタビューです。』は、コチラから!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック