英語圏ではない国に単身留学をしていて、大学受験準備で困っている帰国生にお伝えします。

● 英語圏ではない国に単身留学をしていて、大学受験準備で困っている帰国生にお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、帰国子女枠大学受験について、お伝えします。

海外留学をする生徒さんの数が増えてきています。

・小学校から親子で留学
・中学校から全寮制の学校に留学
・高校から全寮制の学校に留学

留学は、大学からだけではないんですよね。

そしてしばらく留学して、外国語やスポーツなどを上達させてから、日本に戻ってくるパターンも珍しくありません。

ではもし、高校3年間、英語圏ではない国に単身留学をして、大学受験で日本に戻ってくる場合は、どのような準備をしたらよいのでしょうか。

ポイントは2つあります。

1、単身留学生を、帰国生と認めてくれる大学を受験する

・帰国子女枠→ 保護者の海外赴任にともなって、海外で生活をした生徒

原則はこのようになっていますが、多くの私立大学では、単身留学生を帰国生として、扱ってくれます。

・早稲田大学
・慶應大学
・上智大学
・国際基督教大学(ICU)
・南山大学
・関西学院大学

難関私立大学をはじめ、一部の国公立大学も認めています。

志望校のHPで確認してみると良いですね。

2、国家統一試験の成績を提出する

国家統一試験とは、大学進学のための学力判定テストと、お考えください。

・IB(国際バカロレア)
・SAT(アメリカ)
・GCE(イギリス)

この3つが特に有名ですよね。

英語圏、またはメジャー言語圏で勉強をしていない場合は、語学力の証明が難しいので、統一試験のスコアが重要になります。

そして、国家統一試験の結果を義務付けている大学もあります。

慶應大学の帰国子女枠入試要項を見てみましょう。

P.14から、国家統一試験について説明があります。

1、アメリカ
2、イギリス
3、IB
4、カナダ
5、ドイツ
6、フランス
7、オーストラリア
8、ニュージーランド
9、中国
10、台湾
11、韓国
12、その他

たとえば中東に留学していて、エジプトのサナウィーヤ・アンマ、イスラエルのバグルートなどを受験している場合は、メールで学校に連絡してください。

受験した統一試験によって不利になることはありませんよ。

これから受けるみなさんは、できるだけハイスコアを狙ってください。

英語圏ではない国に、単身留学をした生徒さんは、この1~2を確認してみてくださいね。

もちろん、個別にご相談したい場合はメールをしてください。

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

第96回目の配信は、本日、5月17日(金)です。

記事の内容は、市川中学の入試過去問題を有効に使う方法についてです。

解答が役立つんですよ。

日本時間24:00までに、こちらから登録して、受け取ってくださいね。

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。      

では今日も笑顔の一日を!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック