立命館宇治高校に、帰国子女枠入試で合格した生徒のインタビューです。Part4

● 立命館宇治高校に、帰国子女枠入試で合格した生徒のインタビューです。Part4

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、立命館宇治の校風について、お伝えします。

この記事は、前回の『立命館宇治高校に、帰国子女枠入試で合格した生徒のインタビューです。Part3』の、続編となります。

まだ読まれていない方は、下にリンクを貼っておきますので、あわせて読んでください。

※齊藤のセリフは太字、生徒さんのセリフは細字です。

齊藤:

わかりました。

ではRITSの校風とか、良いところを、ドンドン教えてください。

生徒さん:

活気があり、みんな元気で明るい学校です!

一番良いところは、とても国際的であることです。

留学生がよく来ます。今はフランスからの留学生もいます。

交換留学生ですね。

帰国生、多いですか?

多いです。

例えば、フランス、スペイン、中国、アメリカなど、たくさんの国から来ています。

何割ぐらいいるかはわかりませんが、帰国生が多いクラスがあったりします。

なるほど。

あと、寮が良いと聞きますが、いかがですか?

設備はいいです。

満足ですか?笑

門限が8時というのが、みんなキツイって言ってます。笑

部活が終わる時間は、何時ですか?

最終で7時くらいです。

半には学校を出ないといけないので。

休みの日は、外出しても良いんですか?

もちろんです。

時々週末は、祖母の家に帰ったりしてます。

わかりました。

では最後の質問です。

立命館宇治の入試について、教えてください。

ではこのインタビューの続き、立命館宇治高校の面接試験内容について、アメンバー記事でお伝えします。

楽しみにしていてくださいね。

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

第129回目の配信は、『啓林館 ELEMENT English Reading』のLesson6の和訳です。

高校生のみなさんのお役にたちたいと思います。

本日、9月20日(金)の24:00までに登録して、参考にしてくださいね。

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

では今日も笑顔の一日を!

『立命館宇治高校に、帰国子女枠入試で合格した生徒のインタビューです。Part3』は、コチラから!

『立命館宇治高校に、帰国子女枠入試で合格した生徒のインタビューです。Part2』は、コチラから!

『立命館宇治高校に、帰国子女枠入試で合格した生徒のインタビューです。』は、コチラから!

 

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

 

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック