攻玉社中学国際学級の国際学級(英語)の対策でお困りの現地校生・インター生にお伝えします。

● 攻玉社中学国際学級の国際学級(英語)の対策でお困りの現地校生・インター生にお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

茗渓学園中学グローバルコースの、2017年度入試の合格発表が12月12日(月)にありました。

スカイプレッスン受講生、茗渓学園グローバルに合格です!

北海道大学薬学部4年生、東京都立西高校出身

担当は、北海道大学薬学部の宇木先生です。

宇木先生は帰国生で、アメリカのメリーランド州のCabin John Middle Schoolに通われていました。

理系なので理数科目が得意ですが、英検指導や英語エッセイ指導も上手なんですよ。

さて今回は、攻玉社中学の帰国子女枠入試について、お伝えします。

2017年度、攻玉社中学の帰国子女枠入試が、1月12日(木)に行われます。

攻玉社中学の帰国枠入試は、帰国生にとってとても有利なんです。

・日本人学校生用、現地校生・インター生用の入試問題を準備していること

・海外生活が継続して2年以上5年未満の場合は、帰国後2年6か月以内であれば受験資格があること

・休学復学がしやすいこと

海外に2年以上駐在していた場合は、入試日より2年半前、つまり小4の9月ごろに本帰国したのであれば、帰国枠で受験できます。

そして入学後に再び海外赴任することになっても、高2の1学期いっぱいまでなら、無試験で復学できます。

ですから帰国生にとって、とても便利なのです。

募集要項を確認してみましょう。

・出願期間: 平成28年12月12日(月)~17日(土)

・出願書類: 入学願書、海外生活を証明する保護者の勤務先からの証明書、作文、身上書

・日本人学校生用学科試験: 国算(各50分)、面接試験

・現地校生・インター生用試験: 英語(各50分)、面接試験

まず過去問題についてです。

国際学級の過去問題は、学校で購入することができます。

収録されているのは4年分なので、もっと取り組みたい場合は、受験学年になるよりも前に購入しておくと良いですよ。

ちなみに私は平成21年度から7年分の過去問題を持っています。^^

次に現地校生・インター生用の学科試験についてです。

英語問題で苦労するのは、英文和訳かもしれません。

英文の意味は理解できるけれど、日本語が出てこなくて、困っているかもしれませんね。

そこでアドバイスです。

過去問題に取り組み始めたころは、模範解答の和訳を基準にするのではなく。

大意が正しいかどうかで判断してあげると良いですよ。

現地校やインターに通い、英検準1級ぐらいの英語力が備わっている場合、日本語力の方が弱くなっています。

最初から模範解答の和訳レベルを求めてしまうのはキツイですよね。

ですから内容が合っていたらマル!にしてあげた上で、もっと良い日本語表現を教えてあげると良いですよ。

そもそも和訳で満点を取る必要はありませんから、完璧な日本語を求めすぎないのがポイントです。^^

そして面接試験です。

面接試験は出願書類に基づいて行われます。

事前に提出した作文「海外生活で一番心に残ったこと」も、バッチリ覚えて面接に臨んでください。

提出作文

300字から400字で書くように指示されていますが。

この作文は自己PRになりますので、原稿用紙を目いっぱい埋めるつもりで書くと良いですよ。

最後に応募状況です。

・2016年度帰国枠入試受験者数180名: 合格者数91名
・2015年度帰国枠入試受験者数185名: 合格者数88名

およそ2人にひとりが合格です。

攻玉社を受験するみなさん、勉強をがんばってくださいね。

今回は、攻玉社中学の帰国子女枠入試の作文の書き方について、お伝えします。

メルマガでお手本をお見せしますね。^^

本日、12月15日(木)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック