埼玉大学教育学部付属中学の、帰国子女枠編入試験の面接試験内容をお伝えします。

● 埼玉大学教育学部付属中学の、帰国子女枠編入試験の面接試験内容をお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、埼玉大学教育学部付属中学の、帰国子女枠入試の面接試験内容について、お伝えします。

この記事は、前回の『埼玉大学教育学部付属中学に、帰国子女枠入試で合格した生徒のインタビューです。Part3』の、続編となります。

まだ読まれていない方は、下にリンクを貼っておきますので、あわせて読んでください。

※齊藤のセリフは太字、生徒さんのセリフは細字です。

齊藤:

では、最後の質問です。

埼玉大学教育学部付属中学の、編入試験のときの、面接内容を覚えていますか?

生徒さん:

・志望理由

・マレーシアで学んだこと

この2つは聞かれました。

何分ぐらいでしたか?

体感時間ですが10分くらい・・・?

長くもなく短くもなく、ちょうどいい感じでした。

練習、結構しましたよね。

志望理由、何と答えたか覚えていますか?

はい、練習ありがとうございました!

学校が音楽に力を入れていると聞いたので・・・、と言った覚えがあります。

私も、思い出しました。

Nくんは、音楽が大好きなんですよね。

クラシックが好きでしたよね?

あと、チェ・ドンコン?でしたっけ?

はい!

チャン・ドンリャンです。笑

その歌手や、母が好きな中華歌手のおかげで、中国に行ったとき、中国の人とすぐ仲良くなれました!

中学校、帰国生は多かったですか?

はい!

帰国生の会が、月1でありました。

各学年10人ずつくらいでした。

各学年定員は、15人らしいです。

あと、編入試験の作文のテーマは、みんな同じかもしれないです。

「滞在していた国で学んだことで、今の自分に生きていること」だったような気がします。

みんな受けた時、その内容だったと言っていました。

すごく、助かる情報です。

OKです!

今日は時間を割いてくれて、ありがとうございました。

これからも仲良くしましょう!

はい!

こちらこそ、ありがとうございました。^^

Nくんは、中1の12月ごろ、突然本帰国が決まったんです。

日本人学校に通っていましたが、英語のレベルがずいぶん高かったので、編入を決めました。

音楽の授業が充実していたことが、埼玉大学教育学部付属を決めた理由でした。

大至急、面接を特訓したのが、懐かしいです。

さて、私の面接レッスンですが、急な編入試験にも対応できます。

志望動機や自己PRを、帰国子女枠入試指導、14年のプロが、一緒に考えますので、バッチリなものができあがりますよ。

帰国枠入試に面接が必要な場合は、『帰国子女枠入試、面接練習サービス』が、役立ちます。

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

第55回目の配信は、明日、1月29日(火)です。

記事の内容は、「神奈川大学附属中学の面接試験内容」です。

ブログのアメンバー記事でアップする前に、メルマガでインタビュー記事を先行配信します。

この学校の帰国枠入試は2月2日なので、受験をしやすいんですよね。

明日29日(火)の24:00に配信しますので、参考にしてくださいね。    

では今日も笑顔の一日を!

『埼玉大学教育学部附属中学に、編入試験で合格した、帰国生からのインタビューです。 Part3』は、コチラから!

『埼玉大学教育学部附属中学に、編入試験で合格した、帰国生からのインタビューです。 Part2』は、コチラから!

『埼玉大学教育学部附属中学に、編入試験で合格した、帰国生からのインタビューです。』は、コチラから!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック