慶應義塾高校に、帰国子女枠入試で合格した生徒のインタビューです。Part3

● 慶應義塾高校に、帰国子女枠入試で合格した生徒のインタビューです。Part3

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、志望動機について、お伝えします。

この記事は、前回の『慶應義塾高校に、帰国子女枠入試で合格した生徒のインタビューです。Part2』の、続編となります。

まだ読まれていない方は、下にリンクを貼っておきますので、あわせて読んでください。

※齊藤のセリフは太字、生徒さんのセリフは細字です。

齊藤:

中3の受験のときも、そうやって思えたから、努力できたんですね?

確か中3からは本気でやりますって、言ってましたね。

そのときから、慶應が志望校だったんですか?

生徒さん:

そうですね。

そうだったと思います。

あと、兄が早稲田本庄だったことが、中3ときの頑張りにつながったと思っています。

僕の人生すべてがそうですが、兄には、何があっても絶対に負けたくないという、強い気持ちがありました。

慶應が志望校というよりは、早慶以上に必ずと行きたいという気持ちでした。

お兄さんが、早稲田本庄に進学されたことを、思い出しました。

早慶以上だから、附属以外も考えたんですね。

確か、海城や城北埼玉も受けていましたよね・・・?

※海城の高校入試・・・2011年で募集停止、完全に中高一貫となる

受けました。

ただその時は、何が何でも早慶という気持ちでしたね。

本当に子どもですよね。

いえいえ。

Sくんは成績が良かったですし、あのときの中3は、頭のいい子が多かったんですよ。

それに聞きわけも良かったから、みんな大人だなぁと思っていました。

ただ、キャラもかなり強かったですよね。笑

確かにそうですね。笑

だからこそ、頑張れたっていうのもありますよね。

負けてたまるかという気持ちが、当時あった気がします。

受験勉強を2学期末まマレーシアでがんばって、そして、冬休み前に日本に戻りましたよね?

日本の直前講座に参加でしたね?

そうです。

いかがでしたか、日本の講習会は?

帰国子女向けの講座に参加していましたよね?

次回は、日本の入試直前講座について、お伝えします。

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

第98回目の配信は、5月26日(日)です。

記事の内容は、早稲田大学附属校以外で、早稲田大学を狙える帰国枠のある日本の高校についてです。

早稲田大学進学するため方法を、色々と書きますね。

5月26日(日)の、日本時間24:00までに、こちらから登録して、受け取ってくださいね。

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。      

では今日も笑顔の一日を!

『慶應義塾高校に、帰国子女枠入試で合格した生徒のインタビューです。Part2』は、コチラから!

『慶應義塾高校に、帰国子女枠入試で合格した生徒のインタビューです。』は、コチラから!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック