市川中学の、2017年度帰国子女枠編入試験内容をお伝えします。

● 市川中学の、2017年度帰国子女枠編入試験内容をお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

2018年度、初芝橋本中学の帰国子女枠入試が、一般入試と同じ日程で行われます。

・Premium course(国公立コース)
・Ritsumeikan course(立命館コース)

初芝橋本では、高校から、上記のコースのどちらかを選択することができます。

・2017年度卒業生進学先(卒業生149名): 立命館大学合格32名

およそ5分の1が立命館大学に進学できます。

高校までに、大学受験をするか、立命館に進学するかを決めれば良いので助かりますよね。^^

入試日程

・A1日程 専願: 1月13日(土)
・A2日程 併願: 1月14日(日)
・B日程 専願: 1月16日(火)

出願期間

・A1・A2日: 2017年12月17日(日)~2018年1月11日(木)
・B日程: 2017年12月17日(日)~2018年1月16日(火)

試験科目

・国算(各50分 各100点満点)、面接試験(親子)

初芝橋本中学を受験するみなさん、勉強をがんばってくださいね。^^

さて今回は、市川中学の、2017年度帰国子女枠編入試験の学科試験内容をお伝えします。

2017年3月6日(月)に行われた内容です。

HPに記載されている試験範囲はこちらです。

合格した生徒さんに、具体的に教えてもらったんですよ。^^

・国数(各50分)

基本問題のみ、数学は体系数学の基本問題ぐらい。

・英語(50分)

英文法は基本内容のみ、英語エッセイが2題(各500 words): 広告写真を見てその宣伝内容を書く、ある物語の続きを考えて書く。

・面接試験

海外経験について、志望理由、入学後に頑張りたいことなど、具体的に回答できました。

国数は比較的簡単でしたが、英語エッセイが想像以上に難しかったそうです。

齊藤先生から、エッセイを特訓していただいていなかったら、お手上げだったのではないでしょうか・・・。

様々なテーマで練習していただいたこと、早く書くコツを教えてくださったことなど。

本当に齊藤先生のおかげです。

数学も伸ばしていただいて助かりました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

市川中学の帰国枠編入試験の傾向が変わったようです。

難しいテーマで500wordsの英語エッセイが2題出題されますので、エッセイの練習をしておく必要があります。

日本人学校から受験する場合は、英語力をバッチリアップさせてください。

市川中学の帰国枠入試、帰国枠編入試験について、さらに詳しい内容をお知りになりたい場合は、齊藤までご連絡くださいね。^^

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

今回は、海城中学の、帰国子女枠入試についてお伝えします。

10月29日(日)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック