復学をする前提でお子さんを休学させる、これから海外赴任、転勤をされるみなさんにお伝えします。

● 復学をする前提でお子さんを休学させる、これから海外赴任、転勤をされるみなさんにお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、私立校の休学について、お伝えします。

2月も終わりですね。

これから海外赴任をされるみなさんは、引っ越しの準備、レンタル倉庫の手配、そしてお子さんの塾や習い事の退会手続きなど、お忙しい毎日をお過ごしかと思います。

さて、復学を前提で休学をする場合、学校のお友だちのお母さんに、授業で配布された教材プリントやテストを、すべてコピーしていただくよう、頼んでおいた方がいいですよ。

私立校の授業は、教科書も使いますが、オリジナルの教材プリントを使うことが多いです。

そういったプリントからも、ふだんのテストや定期テストに出題されていますよね。

復学する場合は、復学のための試験を受ける必要があります。

復学試験は、ふだんのテストや定期テストを基に作成されます。

ですから、復学を前提に休学する場合は、対策のために、学校で配布される教材プリントを、すべて入手した方がいいですよ。

お友だちにコピーを頼んで、一時帰国をしたときに、もらいに行くといいです。

一時帰国がなかなかできない場合は、一定量たまってから、日本の実家に送ってくださるよう、お願いをするといいと思います。

ちなみに入手された教材プリントを、普段からコツコツ取り組むかどうかは、海外での学習環境で決まります。

もし赴任先に塾があって、日本の勉強を続けられるなら、塾の勉強に専念しましょう。

プリントは、復学が決定してから、取り組めば大丈夫です。

では、もしない場合は?

私にご相談ください。

私は、東京学芸大学附属国際中等教育学校、白百合学園中学校、田園調布雙葉学園中学校、穎明館中学、東洋英和女学院中等部、桐光学園中学校などの学校に、編入試験、復学試験で生徒を合格させています。

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

第69回目の配信は、3月1日(金)です。

記事の内容は、「英検の二次試験の面接ついて」です。

海外では、英検を2級まで取得することができます。

本帰国までに、できるだけ上の級を取って帰りたいですよね。

生徒さんは一次試験の準備はバッチリされるのですが、二次試験はあまりしないんです。

せっかく筆記試験をパスしたのに、面接で落ちたくないですよね?

私は英検3級から2級の二次面接対策を、10年間、担当しています。 ^ ^

二次試験面接のスコアアップについて、メルマガを配信しますよ。

次回の英検に役立ててください。

2日(土)の24:00までに、登録しておいてくださいね。

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

カテゴリー: 受験時の注意事項について
復学をする前提でお子さんを休学させる、これから海外赴任、転勤をされるみなさんにお伝えします。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック